にんにく ニオイ 消す方法

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

気になるにんにくのニオイを消す方法とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

ニンニク 臭い 消す方法

にんにくには
疲労回復効果や風邪の予防効果もあり
おいしいですが、


やっぱりニオイが気になりますよね。


にんにくのニオイを消す方法とは・・・?




にんにくのニオイ成分とは?


にんにくを切ったりつぶしたりすると
アリインという成分が酸素に触れて、
アリナーゼという酵素の働きで、


アリシンに変わります。


アリシンは揮発性の硫黄化合物で、
化学変化を起こしやすく
さまざまなニオイ物質のもととなります。


にんにく ニオイ 消す方法


アリシンの健康効果


一方、アリシンには、強い殺菌、抗菌作用があり、
風邪などの予防効果があるとされています。


またにんにくにはビタミンB1も含まれていますが、
アリシンとビタミンB1が結びついて
アリチアミンに変化します。


アリアチミンは、体内で
ゆっくりとアリシンとビタミンB1に
再度分解されるので、


ビタミンB1が持つ、
食べたものの栄養をエネルギーに変え、
疲労を回復する効果がより長く続きます。


ですから、豚肉など、他のビタミンB1を多く含む食品と
にんにくを一緒に食べると疲労回復効果が
高まるんですね。


にんにくのニオイはどれくらい残るの?


臭いのもとになるアリシンは、
腸から吸収されて血液に入ります。


そして肺にとどまって吐く息のニオイになる他、
汗からもニオイとして感じられます。


一般的に、
にんにくのニオイは食べて16時間くらいは
検出される
そうで、


これは、一度アリアチミンになったものは


比較的長く体内にとどまり、
体内で再びアリシンとビタミンB1に分解される
ためでもあります。


ニンニクのにおいをできるだけ早く消すには?


ニンニクのにおいを消す効果がある、
とされているのは、


緑茶

リンゴジュース

牛乳


などです。


緑茶に含まれる茶カテキンには、
アリシンのにおいを抑える効果があります。


リンゴジュースの場合は
リンゴ酸がアリシンを分解します。


牛乳は、アリシンの胃腸での吸収を抑える
効果があります。


以前、テレビ番組でニンニクを食べた後、


緑茶、リンゴジュース、コーヒー、牛乳


の4種類を飲み、


1時間後、8時間後のニオイ成分を
測定したところ、


1時間後に最もニオイ成分が少なかったのは
リンゴジュースを飲んだ場合


しかし、8時間後に最も少なかったのは牛乳を
飲んだ場合でした。


牛乳の、


アリシンの吸収を抑える


効果は持続性があるようです。


効果的なニオイ対策としては


ニンニク料理を食べている途中で
牛乳を飲み、アリシンの吸収を抑える


食べた後ですぐにリンゴジュースを飲み、
アリシンを分解する


寝る前にもう一度牛乳を飲み
アリシンの吸収を抑える


といったタイミングでしょう。



スポンサードリンク



気になるにんにくのニオイを消す方法とは? まとめ


にんにくのニオイの元は、
アイリンが変化したアリシン
という物質です。


にんにく料理を食べた後の
ニオイを消すには、


アリシンを分解する効果があるリンゴジュース
アリシンの吸収を押させる牛乳


が効果的。


ですが、アリシンには、
疲労回復効果や
殺菌・抗菌効果があり、


分解したり、吸収を抑えたり
してしまうと


ちょっともったいない気もしますね。


ニオイがものすごく気になるほど
たくさん食べたときには
ニオイ対策をして


普段は少しずつ
摂るのがよいのかもしれませんね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント