おすすめ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

10秒でたるみを解消して小顔に!こめかみストレッチとは?

読了までの目安時間:約 5分

 

こめかみストレッチ

たった10秒で顔のたるみをなくせる
方法があるってほんと?




10秒でたるみを解消する顔ヨガとは?


自分でできて、
たったの10秒で、


  • フェイスラインのたるみ

  • ほうれい線

  • マリオネットライン

  • 顔のむくみ



などをスッキリできる
顔ヨガ、こめかみストレッチは、


顔の横の耳の前にある、
側頭筋、という筋肉にアプローチします。


側頭筋は、顔の皮膚や脂肪を支えており、
この筋肉がこわばっていたり、
筋力が落ちたりすると、


皮膚や脂肪が重力で下に引っ張られて
顔のたるみになります。


こめかみストレッチで
側頭筋を引き上げると、



筋肉が本来の位置に戻り、
側頭筋につながっている
目の周りや頬の筋肉も引き上げられる

ので、


ほうれい線が薄くなったり
目がぱっちりしてり、
という効果があります。


こめかみストレッチのやり方は?


1.左のこめかみは右手でストレッチします。

鏡を見ながら、
左のこめかみに、右手の中指と薬指を置いて、
斜め上に引き上げます。


目尻が上がり、ほうれい線が消える位置を探して
そのポイントを引き上げるようにします。


2.左手を斜め下にひっぱるようにして、
左肩が上がらないように、顔を右に傾けて
ストレッチします。


3.顔を傾けた方向(この場合は右)に向けて、
付け根から舌を思い切り出して、息を吐きます。


市と他を伸ばしたまま、
鼻から吸って口から吐く、
を4、5回繰り返します。


4.舌を戻し、手と顔も戻してリラックスします。


※反対側も同様に行ないます。


こめかみストレッチで顔のアンバランスも解消


鏡で顔の左右バランスを確認し、
より下がっている方の
こめかみストレッチを多めにして、


顔の左右差を整えることもできます。

こめかみストレッチ

こめかみストレッチの効果って?


ここまで読んで、


でも手でひっぱるだけでは
手を外したら元に戻ってしまうのでは?



と疑問に思う人もいると思います。


こめかみストレッチをすると


引き上げられた位置が
側頭筋や側頭筋につながる筋肉に
形状記憶されるので、


手をはなしたら即、元に戻ってしまう
ということはありません。



1回やっただけで
効果が永続的に続く、ということは
もちろんないのですが、


1日1回を目安に毎日続けることで、
持続的に筋肉が上がるようになっていきます。


さらに、側頭筋を鍛える
ことも行っていくとよいでしょう。


側頭筋は、「噛む」ことで使われている
筋肉なので、


食事のときに一口30回以上噛む


ようにするのが、
日常生活でできる側頭筋トレーニングです。


一口30回以上噛むと
満腹感が得られやすくなり
ダイエットにもなります。


また、こめかみを手で押さえながら
少し顔を上げた状態で、5秒かけて奥歯を
ゆっくりかみしめ、


また5秒かけて力を抜いていく、


というエクササイズを行ってもよいです。
(強く噛みしめすぎると歯を傷めるので注意)



スポンサードリンク



10秒でたるみを解消して小顔に!こめかみストレッチとは? まとめ


顔ヨガのこめかみストレッチは
首筋まで伸びて気持ちが良いですし、


即効性もあるので、
ぜひ毎日習慣にしたいですね。


続けていると、
本当に顔がリフトアップされる
効果もあります。


試してみてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント