顔 リンパ むくみ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

顔のむくみをとるリンパマッサージの方法

読了までの目安時間:約 4分

 

顔 むくみ リンパ

顔のむくみやたるみをスッキリさせて
シャープな輪郭を作るための
リンパマッサージの方法です。




リンパって何?


リンパは、
毛細血管からしみ出る細胞間液で、
リンパ管によって、体の中心部に戻ってきます。


リンパには老廃物、余分な水分の回収と排泄、
異物に対する抗体を作る、
などの働きがあります。


リンパ管の流れは
主に骨格筋の動きと呼吸による腹圧の変化でできており、
とてもゆっくりです。


リンパの流れが滞っていると


リンパの流れが滞っていると


むくみ

肌のカサつき、くすみ

カゼを引きやすい

口内炎が治りにくい


などのサインが現れることがあります。


リンパは細胞と細胞の間にある
組織間液なので、いちばん分かりやすいのは


むくみ


です。


顔をすっきりさせるリンパの流し方


1.中指と薬指の腹を両方の鎖骨のくぼみにあてて
くぼみの中をくるくる、5回回します。


2.人差し指、中指、薬指をそろえて、
あごの付け根に近いところに当て、3回回します。


3.3本の指を耳の付け根に近いところに当てて
3回回します。


4.耳の下に指を当てて3回回します。


5.耳の下に3本指を当てて鎖骨に向かってなでおろします。


6.人差し指と中指の間に耳を挟んで3回回します。


7.人差し指と中指の間に耳を挟んで、
鎖骨に向かってなでおろします。


リンパを流すときのポイント


リンパ管には、


身体の奥にある深部リンパ管と
皮膚のすぐ下を流れているリンパ管とがあります。


深い部分のリンパ管には体の表面から
マッサージで刺激を与えることはできません。


身体の表面に近い部分のリンパの流れを促すには、
ごく優しいタッチでさするように行います。



ホースを上からぎゅっと押したら
流れが滞ってしまいますよね。


また、


マッサージだけではなく、


大きなリンパ節がある、
脇の下、股関節に近い部分を
動かすことも大切です。


顔 むくみ リンパ


深い部分のリンパの流れを促すには


インナーマッスルに近い部分にある
リンパの流れを促すには、


腹式呼吸が効果的です。


下半身のリンパ管が集まる乳び槽は
腹部大動脈の後ろ、腰椎二番の前にあります。


お腹を膨らませる腹式呼吸をすると、
乳び槽に圧力が加わり、


乳び槽から先の胸管へのリンパの流れを促します。


腹式呼吸のやり方は


仰向けに寝てお中に両手を当て、


10秒かけてお腹を膨らませながら鼻から息を吸い、
お腹を手で押しながら凹ませて10秒かけて口から息を吐きます。


手で押すことでさらに乳び槽に圧力をかけることができます。



スポンサードリンク




顔のむくみをとるリンパマッサージの方法 まとめ


顔のむくみは、
リンパの流れが滞って、
余分な水分(組織間液)が溜まっている状態なので、


優しくさするようなマッサージで
リンパの流れを促すと
スッキリします。


また、リンパ管は全身がつながって流れができていますので、
腹式呼吸で、お中の奥にある乳び槽に溜まったリンパを
流し出すと、よりスッキリしやすくなります。



スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント