甘酒豆乳 飲み方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

美肌にダイエット効果も・甘酒豆乳の作り方・飲み方

読了までの目安時間:約 5分

 

甘酒豆乳 飲み方

from: 小西はるか
@自宅リビング

点滴なみの栄養が含まれ、発酵食品でもあることから、
美容やダイエットに良い、と言われている甘酒に、大豆イソフラボンを含む豆乳を組み合わせた
甘座豆乳をご紹介します!



永作博美さんも飲んでいる甘酒豆乳とは?


甘酒豆乳は、


米と米麹を発酵させて作った甘酒を投入で割った飲み物ですが、


今年(2016年)46歳になる、女優の永作博美さんが、腸内環境を意識して
毎日飲んでいるそうです。


永作さんは、40代で二人のお子さんのママであるにもかかわらず、
赤ちゃんのような肌とかわいらしい雰囲気で若々しく見えすよね。


そんな永作さんが飲んでいる、という甘酒豆乳は
「年齢不詳の魔法のドリンク」として紹介されていたします。

甘酒豆乳飲み方

甘酒豆乳の作り方


【材料】1人分

  • 豆乳 100cc

  • 濃縮タイプの甘酒 大さじ3~4

  • しょうがの搾り汁 少々


【作り方】

材料をすべて混ぜるだけです。


夏は冷やして飲んでもいいですし、
電子レンジやミルクパンで温めてもよいです。


はちみつを入れる、というレシピもありますが、
甘酒だけで十分甘いので、飲んでみて、ものたりない、という場合だけでいいでしょう。


アレンジとして、抹茶やココア、シナモンパウダーでフレーバーを漬けたりすることともできます。


甘酒の栄養と美容効果とは?


甘酒は、発酵によってお米のでんぷんが糖化され、吸収しやすくなったブドウ糖、
糖の代謝に欠かせないビタミンB1、B2、B6、葉酸が豊富に含まれています。


普通糖質の多い食品を摂ると、代謝のためビタミンB群が消費されますが、
甘酒には、もともとビタミンB群が含まれているので、
摂った糖の代謝がスムーズに行われます。


発酵食品である甘酒には植物性乳酸菌が含まれていますので、
腸で善玉菌を増やしてくれるのに役立ちます。


また、甘酒を発送させるために使う麹には、美白作用があるコウジ酸が豊富に含まれています。


甘酒だけでもかなりの美容効果がある食品なのですが、


豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きがあり、
肌のハリ感をアップしたり、月経前の不調や月経痛を緩和する効果があります。


サイズに含まれるサポニンに、脂肪の代謝を促す作用もあるので、


甘酒豆乳は、甘いものがちょっとほしい、
という欲求も見たしつつ、美容やダイエットに良いドリンクと言えます。


甘酒選びの注意点


甘酒には、米と米麹を発酵させたものと、
酒粕を水で割って砂糖で甘みを付けたものとがあります。


上に書いたような美容効果があるのは「米と米麹を発酵させた甘酒」
ですのでご注意ください。


また、白米ではなく、雑穀や玄米から作った甘酒もあり、
もし手に入るのであれば、白米の甘酒よりもミネラル分が多いのでおすすめです。



スポンサードリンク



甘酒豆乳の飲み方


甘酒豆乳は好きなタイミングで飲んでいいのですが、


便秘解消のためには、朝食の代わりに飲む

ダイエットしたい場合は食欲を抑えるために食事の間に飲む、


のがよいでしょう。


飲みすぎるとカロリーオーバーになるので、1日に飲む量は200mlくらいまでにしましょう。


美肌にダイエット効果も・甘酒豆乳の作り方・飲み方 まとめ


甘酒を投入を混ぜるだけの、甘酒豆乳には、


美肌、腸内環境の改善、ダイエットに嬉しい効果がたくさんあります。


今ではスーパーマーケットなどでも、米と米麹の甘酒を販売していますし、
通販でも手に入れることができますので、


ぜひ試してみてくださいね!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント