目元 たるみ 対策

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

知らないうちにやっている・目元のたるみを作ってしまうNG習慣とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

目元たるみ対策

上まぶた、涙袋といった目元のたるみは
老けて見えるもとですが、
何気なくやってしまうことがたるみの原因に
なっているので注意!



目元のたるみの原因とは?


目元にたるみができるのは


目のまわりの筋肉や皮膚が
加齢によって張りを失うことが
大きな原因です。


また、目元をあまり動かしていない
(表情が変わらない)ことも
筋肉の衰えの原因になります。


皮膚のたるみは、加齢だけではなく
引っ張ったり、擦ったり、といった
刺激によっても起こります。


眉毛を整える時に毛抜きを使う


眉毛を毛抜きで抜くと
生えてきにくくなるため、
あまり細くなるような抜き方はNG、


と言われていますが、


毛抜きでのお手入れは、
眉下の皮膚を引っ張るために
上まぶたのたるみの原因となることもあります。



眉毛のお手入れでおすすめなのは
電気シェーバー。


ただし、刃をいつも清潔にしておかないと
剃ったときに雑菌がついてにきびなどの原因
になることもありますので、注意してください。



疲れ目


仕事の時にPCを使うだけではなく、
行き帰りの通勤時間にもスマホを見ている


といった生活で、
いつも目が疲れている、
という人も少なくないと思います

目元たるみ 対策


疲れ目は、眼球や瞼を支えている筋肉が疲労し、
血流が悪くなるので、


目の周りに栄養や酸素が届きにくくなり、
余分な水分、老廃物が排出されにくくなって、
まぶたのむくみ、たるみにつながっていきます。



目が疲れた、と感じる前に、
定期的に短時間の休憩を取りましょう


目を閉じて眼球を動かすのが
効果的です。


また寝る前にホットタイルや、アイケアグッズで、
目の周りの血行を促すようにしてください。


アイメイクでの注意点


アイラインやアイカラーを塗るときに
瞼を引っ張らない、


メイク落としの時にこすらない、


は基本です。


また、目の周りのスキンケアは、
指を左右に動かして「塗る」のではなく、
「のせる」感覚で行いましょう。


人差し指ではなく、
力の入りにくい薬指を使うとよいです。



スポンサードリンク



「目がかゆい」場合はその対応を


花粉症などのアレルギーで目がかゆい、


目の周りの皮膚が乾燥してかゆい、


といった「かゆみ」で目の周りを掻くのも
もちろん、よくありません。


起きている時は気を付けていても、
寝ている間に掻いている、
ということもよくあります。


また、目の周りの皮膚を掻いていると、
掻いた刺激で湿疹が出ることもあります。


かゆみくらい、と思わず、
病院で診察を受けて、合った薬を処方してもらうのが
よいでしょう。


知らないうちにやっている・目元のたるみを作ってしまうNG習慣とは? まとめ


目の周りの皮膚は薄く、皮脂腺も少なくて、
刺激に弱い場所です。


また、いつも擦ったりしていると
たるみだけではなく、色素沈着を起こすこともあります。


ですから、お手入れ自体が刺激にならないように
行うこと、


そして、目の周りの筋肉のコリ、疲労を
貯めないようにすることが大切です。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。