眼鏡跡 鼻当て跡 予防 対策

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

眼鏡あとを防ぐ方法・眼鏡後を消す方法とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

眼鏡跡 予防 対策

眼鏡やサングラスの鼻当ての跡の予防、
ついてしまった跡を消す方法とは?



鼻当ての跡・・・困りますよね


近視・乱視、老眼などの
視力矯正目的はなくても


春は花粉症対策、
夏はサングラス、
そして、PCのブルーライト対策などで


眼鏡を使っている人は多いと思います。


でも鏡をはずした時についている
鼻当ての跡=眼鏡跡ってイヤですよね。


鼻当て跡がくっきりついていると
目の下のクマも目立って見えがちで、
疲れて老けた印象になってしまいます。


また、毎日のように眼鏡を使っていると
この跡が取れなくなってしまうのでは・・・?
と心配にもなります。

眼鏡跡 予防対策

眼鏡跡がとれなくなることってあるの?


眼鏡をかけている間、眼鏡の重みが
鼻当てに乗っているために
皮膚がへこむのが眼鏡跡です。


普通は眼鏡をはずしてある程度時間が経てば
消えますが、


跡が残ってしまうことがあります。


原因は、刺激による色素沈着です。


眼鏡を長時間使っていると
皮膚に圧力がかかっている状態が続きます。


また、眼鏡の位置がずれて直すときなどに
摩擦による刺激も加わって、色素沈着を
起こしやすくなってしまうのです。


鼻当てが当たるのは目のすぐ近くで
顔の中心になりますから、
ここに色素沈着があると目立ってしまいます。


眼鏡跡を予防するには?


眼鏡の鼻当ての跡を
まったくつかないようにするのは難しいのですが、


まず、少しでも鼻あてが当たる箇所への負担を
少なくする工夫をしましょう


1.跡がつきにくい眼鏡を選ぶ

フレームもレンズもできるだけ軽いものを選びます。


フレームに直接鼻当てがついているようなものは
決まった場所にだけ重さと刺激が食わられるので避け、


ねじ止めなど可動性のある鼻当てになっている
眼鏡にしましょう。


また、鼻当ての素材も、プラスチックではなく、
シリコンのほうが皮膚への負担が和らぎます。


2.跡が付きにくいグッズを使う

鼻当ての跡が付きにくくなる、
鼻当てにつける使い捨てのパッドが市販されています。


「メガネのばんそうこう」
などの商品がありますので、
そういったものを使うと


鼻当ての刺激を弱めることができます。


スキンケアで色素沈着を予防・消す方法


眼鏡の鼻当てが当たっている箇所へのお手入れで
色素沈着を予防しましょう。


色素沈着は<b>シミと同じく、
メラニン色素が蓄積している状態です。


できてしまった色素沈着には
メラニン色素を産生するメラノサイトの働きを抑制する効果がある、
ハイドロキノンクリーム、レチノール入りの化粧品、


また、傷による色素沈着に効果がある、とされる
ヘパリン類似物のクリーム(第2種医薬品)などを
使います。


鼻当てによる物理的な刺激ある上に
さらに、紫外線による刺激が加わると
ダメージが増してしまいます。

日焼け止めによるUV対策も行いましょう。


鼻当てが当たる箇所は目に近いので、
お手入れの際には化粧品類を目に入れないように
注意してください。


眼鏡の鼻当てによる化粧崩れを防ぐには?


肌に付く眼鏡跡の他、
女性は「鼻当ての場所のメイクが崩れる」ことも
悩みだと思います。


長時間眼鏡をかけていると
ファンデーションがよれる、というよりも
「とれる」ことが多いかも。


鼻当てが当たる箇所には
固めのコンシーラーを薄く塗り、
その上からベビーパウダーをのせておくと


ある程度メイク崩れ防止になります。



スポンサードリンク




眼鏡あとを防ぐ方法・眼鏡後を消す方法とは? まとめ


眼鏡は毎日のように使うものですし、


視力矯正はもちろん、
花粉症やブルーライト対策も、
必要があって使っていることなので、


「眼鏡跡がイヤだからやめる」


というわけには行きませんよね。


記事を参考にして眼鏡選びや
お手入れをやってみてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。