眼輪筋トレーニング おでこロック

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

目力アップ、自力で二重になれる・眼輪筋トレーニングとは?

読了までの目安時間:約 4分

 

眼輪筋トレーニング

目は顔でも一番目立つパーツですが
眼精疲労や加齢の影響が一番出やすい
場所でもあります。


そんな目の周りをスッキリさせて
二重になれるかもしれない方法を
ご紹介します!



眼輪筋の場所や働きとは?


眼輪筋は、目のまわりを覆う、
ドーナッツ状の筋肉で


瞼の開閉や
涙液を排出するポンプ作用
の役割があります。


眼輪筋の筋力が衰えると、
下まぶたにたるみができて影になるため、
目の下のクマが強調され、老け顔の原因になります。



また、まばたきをしたときに
上下の瞼がくっつかない、
不完全瞬目になります。


まぶたがしっかりとじないことから、
目の表面の涙が蒸発しやすくなり、
ドライアイの原因にもなります。

眼輪筋トレーニング

眼輪筋を鍛える「おでこロック」


おでこの筋肉=前頭筋を使って
上瞼を引き上げるクセがあると、
眼輪筋が使われず、筋力が衰えやすくなります。


眼輪筋を鍛えるには、
おでこの筋肉が動かないように
「ロック」して、


目を閉じたり開いたりする
「おでこロック」
が効果があります。


この方法は、顔ヨガインストラクターの
間々田 佳子さんが考案し、


「中居正広の金曜日のスマたちへ」
などテレビ番組でも紹介されています。


おでこロックのやり方


1.まっすぐに立つか、座骨をしっかりつけて座って、
両手を額にあてて、額と眉の筋肉が動かないように
ロック(抑える)します。


親指以外の4本の指をそろえて、
小指で眉の筋肉(眉筋)、
その他の3本指で額全体をカバーするようにします。


2.上下のまぶたに力を入れるようにして目を細めます。
まぶたを完全に閉じずに、目の奥の筋肉に
ぎゅーっと力を入れるイメージです。


まぶしいとき、目を細めるような感じです。
この状態で10秒キープします。


3.額と眉をロックしたまま、
目の周りの筋肉だけを使って、目を大きく見開きます。
眼球を前に向かって押し出すようにイメージします。

10秒キープします。


2、3を3セット行います。


おでこのコリをほぐす


まぶたを動かすのにおでこの筋肉を
いつも使っていると
おでこが凝っていることが多いです。



おでこのコリをほぐすと、
目もすっきりします。


1.おでこクリームなどをつけて、
人差し指・中指・薬指の3本の指のハラで、
大きく円をかくようにほぐします。


2.目を閉じて、
親指の腹をおでこにぴったりつけて、
眉上から髪の生え際まで引き上げます。


一重が二重になることも?


眼輪筋をしっかり使い、
おでこのコリをほぐすと、


まぶたをむくませている余分な水分が排出され
やすくなり、
脂肪も落ちてきて、


一重だった人が、二重になった、
ということもあるそうです。



スポンサードリンク



目力アップ、自力で二重になれる・眼輪筋トレーニングとは? まとめ


眼輪筋トレーニングには
いろいろな方法があるのですが、


目をぎゅっとつぶる


のは、目尻のしわが深くなってしまうのでは?
と気になりますので、


そうしたことがない、
「おでこロック」をご紹介しました。


直接目の周りの皮膚を
触ることもないので、


たるみや色素沈着の心配もないです。


おでこは実際触ってみると
思っているよりも凝っているのが
分かると思いますので、


ぜひスキンケアのついでにマッサ―ジ
してみてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント