おすすめ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

朝食・昼食に注意!食べてすぐに日光にあたるとシミになる野菜・果物とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

ソラレン野菜果物

小西はるか
@自宅リビング

美容やダイエットに良い栄養分を多く含んでいる野菜や果物の中には、
食べてすぐに日光に当たると「シミ」のもとになってしまうものがあるので注意!




シミのもとになってしまう野菜・果物とは?


美容やダイエットのために、朝はグリーンスムージーを飲んでいる、という人、
ランチタイムにもサラダバーなどで野菜を摂るようにしている、という人、多いと思います。

でも実は、食べてすぐに日光に当たると日焼けしやすくなったりシミができやすくなってしまう、
ソラレンが多く含まれる野菜や果物があるんです。


ソラレン

ソラレンって?


ソラレンは、光によって活性化し、肌にダメージを与える性質を持つ高毒性物質の一種です。


ソラレンには、紫外線を吸収する性質があり、ソラレンが含まれた食物を摂取すると、肌の内側で紫外線を吸収しやすくなるのです。


ソラレンを含む食べ物は?


ソラレンを多く含む食べ物は、
まず、レモン、オレンジ、みかん、グレープフルーツ、ライムなどの柑橘類です。
ちなみに、柑橘類の精油にも高毒性がありますので、マッサージオイルなど精油を含んだコスメの使用にも注意してください


野菜では、キュウリ、セロリ、みつば、パクチー、大葉、にんじん等にソラレンが含まれています。


食べてどれくらい時間が経てばいいの?


ソラレンは食べ物として摂取した後、消化吸収されて、2時間ほどで身体の中へと行きわたるため、
食後2時間程度で日光に当たってしまうとシミができやすい、ということになります。


その後は、7時間ほどで光毒性は低下します。
ですから、夕食に食べて翌朝日光に当たる分には問題ありません。



スポンサードリンク



朝、昼食べてもOKな野菜は?


ソラレンが少ない野菜は、トマト、大根、レタスなどです。
トマトに含まれるリコピンには、抗酸化作用があるため、紫外線を浴びたときに染みができることを防いでくれませ乃でおすすめです。


朝食・昼食に注意!食べてすぐに火にあたるとシミになる野菜・果物とは? まとめ


美容のために食べている野菜や果物でシミができやすくなってしまうなんてショックですよね。


問題は食べる時間帯で、
ソラレンが多い、とされている野菜、果物にはビタミンCも豊富であるため、
夜を中心に食べれば美白にも役立ちます。


参考にしてみてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント