朝 ヨーグルト 紫外線対策

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

朝食にヨーグルトを食べると紫外線対策できる、その理由とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

朝ヨーグルト 紫外線対策

女性の多くが気にしてい紫外線による
お肌のくすみやシミ対策には
朝食にヨーグルトを食べるのがおすすめ。


その理由とは?



紫外線によって肌がくすんだりシミができたりするのは?


紫外線に当たると
肌の奥の細胞にあるメラノサイトが刺激され、
その刺激から体を守るためにメラニン色素が作られます。


メラニンは、本来は
体の中の細胞を紫外線のが胃から守るための
防御作用なんです。


肌の新陳代謝が活発であれば、
メラニンは古い角質ともにはがれて
なくなっていきますが、


肌のターンオーバーがスムーズでないと
メラニン色素が沈着し、くすみやシミになります。


くすみやシミの対策には、
紫外線に当たらないようにすることと同時に、


良質な睡眠をとり
成長ホルモンがしっかり分泌されて、


肌のターンオーバーが正常に
行われるようにすることも大切です。



朝ヨーグルトが紫外線対策によい理由


ヨーグルトにはトリプトファンというアミノ酸が
おお含まれています。


トリプトファンを寝る15時間ほど前に摂ると
寝るころに、


睡眠の質を上げるセロトニン、メラトニンの
分泌を助けてくれます。


また、ヨーグルトに含まれる乳酸菌には
腸内環境を整える作用や、


腸内で、代謝に必要なビタミンB群を合成する
働きがあります。

朝ヨーグルト 紫外線対策

ヨーグルト以外にシミ対策におすすめの食べ物とは?


1.トマト

トマトに含まれるリコピンは、
トマトの赤い色を作っている色素です。


リコピンは、植物の体を紫外線やウイルスから守る働きがあり、
人の体の中では抗酸化作用で、紫外線によるダメージを
防ぎます。


リコピンは朝食に食べると吸収率がアップするので、
トマトを食べるなら朝食がおすすめ。


2.カレー

カレーに含まれるクミンの成分、
クルクミンには抗酸化作用、抗炎症作用があり、
紫外線ダメージを防ぐために有効。


カレー粉を使った料理を取り入れると
いいですね。



スポンサードリンク



朝食にヨーグルトを食べると紫外線対策できる、その理由とは? まとめ


朝食を食べてから15時間後に、
セロトニン、メラトニンの分泌を助けるには、


ヨーグルトに限らず、良質なたんぱく質を摂ると
良いそうですが、


ヨーグルトには、腸内環境を整え、
代謝を促進するビタミンB群を合成する作用もあるので、


やはり、ヨーグルトがおすすめ、
ということがいえるでしょう。


他に朝食には、抗酸化物質の豊富なリコピンを含む
トマトを食べるのもおすすめ。


カレーは、夜遅く食べると香辛料が交感神経を
刺激して、睡眠を妨げることがあるので、


朝から昼食に食べるのがよいです。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。