日焼け止め 使用期限

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

先シーズンの日焼け止め、今年使っても大丈夫?消費期限ってあるの?

読了までの目安時間:約 4分

 

日焼け止め 使用期限

from: 小西はるか
@青山のスタバ


3月を過ぎ、春の日差しを感じると間もなく、日焼け対策が気になってきますよね。
そんな時、昨年買って残っている日焼け止め、使っても大丈夫なのでしょうか?



開封した日焼け止めはいつまで使える?


一度開封した日焼け止めは、空気に触れて酸化が進み変質しやすくなります。


紫外線吸収剤や紫外線かく乱在の紫外線防止の効果は変わりませんが、
日焼け止めコスメに使われている乳液やクリームの油分は酸化によって劣化します。


また、とくにチューブタイプのものは中身が肌に触れることがあるので、
開封してから時間が経つと、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌など雑菌が繁殖していることがあります。
そうした雑菌が原因は、吹き出物ができてしまうことも。


一方、アルミ缶のスプレータイプは開封しても酸化しずらいといわれています。

日焼け止め使用期限

開封後の日焼け止めがいつまで使えるのか、の目安は、


チューブやボトルタイプで開封後半年から1年、
アルミ缶のスプレータイプは開封後2年~3年
です。


敏感肌の方や、オーガニック志向の方が使うことが多い、防腐剤無添加の低刺激タイプの日焼け止めの開封後使用期限の目安はさらに短く、開封後半年以内となっています。


ですが、酸化・劣化の進み具合は、使い方や保存場所にも影響されます。
中身を出してみて、油臭いようなにおいがしたり、テクスチャーが分離していたりしたら使うのはやめてください。


できるだけ良い状態で使うために



開封した日焼け止めをできるだけ変質させずに使うためには使い方にも気を配りましょう。


使った後は容器の口をティッシュなどできれいにふき取り、しっかり蓋をします。
保管は温度差が少なく、もちろん直射日光が当たらない場所にしましょう。


じゃあ、冷蔵庫に入れたら長持ちするの?と考える人もいますが、
出し入れした時の温度差が激しいため、かえって品質劣化につながることもありますので、冷蔵庫に入れない方がいいです。


未開封の場合の使用期限は?


日焼け止めはじめ、化粧品には使用期限が表示されていません。


薬事法により、3年以上大きな品質低下がなく使用に問題がないという条件のもとで、
製造年月日や使用期限の明記をしなくてもよい、と定められています。


つまり、正規の販売店から買った日焼け止めは購入後3年間は使用できます。



スポンサードリンク



先シーズンの日焼け止め、今年使っても大丈夫?消費期限ってあるの? まとめ



日焼け止めの使用期限は未開封のままなら3年間。


開封した後は、チューブタイプやボトルタイプで1年程度、アルミ缶のスプレータイプで2、3年となっています。


開封したものは多かれ少なかれ酸化や雑菌の繁殖が進みます。


古くなっても日焼け止め効果自体は変わりませんが、古くなった日焼け止めが肌トラブルの原因となることもありますので、
開封したものは翌年は使わない、と考えて方がよさそうです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント