ほうれい線 リガメントほぐし

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

リガメントほぐしでほうれい線を解消する方法とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

リガメントほぐし ほうれい線

老けて見えてしまう大きな原因の一つ、
ほうれい線を1日2分のマッサージで
解消する方法とは?





リガメントほぐしとは?


ほうれい線を防ぐマッサージ法として
テレビで紹介されて注目されているのが


リガメントほぐしです。


リガメント(retaining ligament)というのは
あまり聞いたことがない人が多いかもしれませんが、


皮膚と骨などの深部組織を結合している
靭帯のこと。


美容整形のフェイスリフト手術では、
皮膚を引っ張り上げるだけで限界があり、


皮膚や筋肉と顔の骨をつないでいる
リガメントを切り離して耳の上の皮膚を引き上げる、


という方法があり、
美容整形外科のサイトなどを見ると
よく出てくる用語です。


リガメントほぐしは、


リガメントをほぐすことで、
周辺の筋肉の
血液やリンパの流れが改善し、


それによって、
顔を引き上げる筋肉の筋力をアップさせ
ほうれい線が改善される、という方法です。

リガメントほぐし ほうれい線

筋力の衰えでほうれい線ができやすいかどうかのチェック法


ほうれい線の原因は、


顔の筋肉の衰え、
皮膚のコラーゲン不足や糖化による弾力の低下によって、


筋肉や脂肪が重力に逆らえなくなり、
垂れ下がってくることです。


下唇を前歯で軽く噛んで
歯茎が見えるように上唇を上げます。


歯茎が見えるところまで
上唇が上がらないと


筋力の衰えによる
ほうれい線ができやすいそうです。



リガメントほぐしのやり方は?


【頬】

1.両肘を机について、頬骨の下に親指の腹を当てます。


2.頬骨に沿って親指を押し上げていきます。


※親指で下方向に押すと逆効果になってしまうので注意!
頬骨の下に親指を入り込ませるように、
斜め上に押し上げます。


【目元】

1.人差し指を目頭に当てます。


2.目がしらから目尻まで、
目の下の骨に沿って人差し指で押してほぐします。


3.黒目の上の眉を押してほぐします。


リガメントほぐしのポイント


リガメントほぐしは1日1回2分程度でOK。

痛気持ちいいくらいの強さで、無理をせずに
行ってください。


いつでもできる簡単な方法ですが、
血行が良くなっているお風呂上がりに
行うのが効果的です。



スポンサードリンク



ほうれい線を改善するリガメントほぐしとは?「サタデープラス」まとめ


リガメントほぐしについては、
2016年10月1日放送「サタデープラス」で


六本木サフォクリニックの
松宮敏恵医師が紹介していました。


ポイントは、


筋肉の、顔を引き上げる力なので、


リガメントほぐしをやるだけではなく
普段から、口角を上げた表情=笑顔
でいることも大切かもしれませんね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント