チョコレート 美白

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

チョコレートの美白効果がすごい!食べ方のポイントとは?

読了までの目安時間:約 5分

 

1-81a0d3d5622c67fe18075d2ff6439262_s

from: 小西はるか
@銀座のタリーズ


こんにちは。


チョコレートの原材料、カカオには美白効果があります。
テレビ番組でも、タレントにキンタローさんが4週間チョコレートを食べてシミが減った、という実験がありました。


チョコレートを食べたら美白ができる、なんて女子にはうれしい話ですよね。





チョコレートの美白効果、どうして効くの?


チョコレートの主な原材料、カカオに含まれている二つの成分が、美白効果の元です。


1つはカカオポリフェノール

ポリフェノールは、植物独特の成分で、光合成の際に紫外線によって発生する活性酸素や、虫や小動物などの攻撃から植物を守る作用があります。
ポリフェノールの活性酸素除去=抗酸化作用は、食べ物として摂ったときに人間の体の中でも有効で、もちろん、カカオポリフェノールにも、抗酸化作用があります。


しかも、他のポリフェノールを含む食品と比べて、ダークチョコレート(高カカオチョコレート)は、100gあたりのぽりふぇのーりの含有量が多く、少量食べて効果を期待することができます。


もう一つはカカオプロテインです。


カカオプロテインは人間の小腸内で消化されにくい難消化性タンパク質です。
大腸に届いたカカオプロテインは、食物繊維と同じように腸内細菌のえさとなり、また便のカサを増す効果もあります。


便秘で、大腸内に老廃物が滞留した状態が続くと、そこから発生した毒素が血液によって運ばれ、解毒の働きがある肝臓に負担がかかり、肌荒れの原因にもなります。
逆に、腸内環境が良くなるとは肌の調子もよくなるのです。

チョコレート 美白

美白のためのチョコレートの食べ方とは?


美白効果のためのチョコレートの食べ方のポイントは次の3つです。

  • カカオ70%以上のハイカカオチョコレート(ダークタイプ)

  • 1日25g(板チョコ半分)

  • 4週間継続する


チョコレートはにきびを治す?!


1日に板チョコ1/2枚を食べる、となると
ニキビができるのでは?と心配な人もいますよね。


にきびの原因となるのは脂質と糖質。
ハイカカオのチョコレートはカカオバターの量が多いので、普通のチョコレートよりも脂質も多いのですが、
カカオバターの脂質は主にステアリン酸・オレイン酸・パルミチン酸の3種です。


これらの脂肪酸には、次のような効果があります。

  • ステアリン酸:抗菌作用

  • オレイン酸:コレステロール値の低減

  • パルミチン酸:ビタミンAを安定させる。皮脂の分泌を抑える



脂質ではあるのですが、むしろ美肌や健康によい作用があるんですね。


チョコレートの美白効果を検証したテレビ番組でも、
4週間ハイカカオチョコレートを食べていたタレントで医学生の木村好珠さんは血中の過酸化脂質量が減りました。


酸化した脂質である過酸化脂質はシミだけでなく、ニキビの原因にもなるといわれており、
チョコレートはむしろニキビを予防する、と言えます。


しかし、ミルクチョコレートや、チョコレート菓子の場合は、
他の植物性脂肪や乳脂肪分が加えられていますので、
それらの脂質がニキビに原因となることはあります。


ですから、美白目的で食べるチョコレートは、ブラックタイプのものを選びましょう。


またチョコレートは甘みとして砂糖が使われていますので、それも摂りすぎればニキビの原因となります。
気になる人は、精製砂糖ではなく、マルチトース、アガペーシロップなどを使ったチョコレートを選ぶとよいです。
最近は、糖質制限をしている人が食べられる、糖質制限チョコレートが薬局でも販売されています。


チョコレートの美白効果がすごい!食べ方のポイントとは? まとめ


チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには抗酸化作用があり、また、カカオプロテインには腸内環境を整える作用があるので、ハイカカオタイプのチョコレートには美白効果が期待できる、と言われています。


美白効果のための食べ方のポイントは、

  • カカオ70%以上のハイカカオチョコレート(ダークタイプ)

  • 1日25g(板チョコ半分)

  • 4週間続ける


です。


効果があるのはチョコレートの中の「カカオ」なので、できるだけカカオ分が多いブラックタイプのチョコレート選ぶとよいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント