AGE シミ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

シミを作るAGEとは?AGEを減らす方法は?

読了までの目安時間:約 4分

 

AGEシミ

シミを作る原因となるAGEとは?
防ぐ方法は?



スポンサードリンク




AGEとは?



たんぱく質に糖が結びつくことを糖化、といい、
糖化によって作られる物質を
最終糖化産物=AGEと呼びます。



身近なところでは、


トーストや焼き魚の焦げ


などがAGEです。


AGEは人間の体の中でも作られます。


ロート製薬の研究では、


表皮細胞が糖化するとメラニン色素が増え
シミができる


ということが分かりました。


糖化は食べ物の焦げだけではなく、
人間の体の中でも起こっています。


食べたものによって血糖値が上がると
膵臓からインスリンが分泌されて
糖は細胞に取り込まれます。


しかし血液中の糖が多いと、
すべての糖がすぐには取り込まれず、


血糖値が高い=血液中の糖が多い


状態が続きます。


すると糖がたんぱく質と結びついて
糖化が起こります。


肌の真皮層でハリを作っている
エラスチンやコーラゲンはたんぱく質なので
これらのたんぱく質が糖化すると、


ハリや弾力が低下し、シワやくすみのもとになる
と言われています。


それだけではなく、

表皮細胞が糖化すると
メラニン生成を引き起こすサイトカイン、
という、細胞間の情報伝達を担うたんぱく質の生成を
増加させます。


表皮にAGEがあると
少しの紫外線でもメラニンが過剰に増えてしまい、


シミになりやすくなるんですね。


また紫外線自体、
メラニン色素を増やすだけではなく、
表皮の糖化を進める、とも言われていますので、


シミ対策には、


紫外線に直接当たらないケアと


体内にAGEを増やさないケア


の両方が必要なんです。


AGEを増やさない方法は?


体内でAGEを増やさない方法は2つ。


1つは、血糖値を急激に多く上昇させないこと。
もう1つは、AGEを含む食べ物を減らすこと。




血糖値を急激に上昇させないためには、


汁物・野菜→たんぱく質(肉、魚)→炭水化物


順序で、一口30回以上噛んで、
ゆっくり食べます。


もちろん、糖質のとりすぎにも注意。


特に、噛まないで呑み込めてしまい
糖の量も多い甘い飲み物は控えましょう。


一方の、AGEの多い食品は、


肉、魚などのたんぱく質食品や、
糖質を高温で調理したもの



です。


ステーキ、焼肉、焼き魚、
フライ、トースト


などですね。

AGE シミ

ゆでたり、蒸したりしたほうが
焼く、揚げるよりもAGEが少なくなります。


また揚物を食べるときには、
下ごしらえに酢を加えたり、
食べるときにレモンを掛けたりすると


体内でAGEが増えるのを防ぎます。



シミを作るAGEとは?AGEを減らす方法は? まとめ


外から紫外線を防いでいても
体の内側からも、


AGEを増やさないように気を付けないと、


シミができてしまうなんて、
ショックですが、


AGEを増やさない生活は
シミだけではなく、


老化を防ぐ生活でもあるので
ぜひ意識したいですね。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント