コラーゲン 美肌 効果

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

やっぱりコラーゲンは肌に効く?効果的な摂り方と効果とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

コラーゲン 美肌 効果

コラーゲンを口から摂っても
消化されるからムダ、は間違い。
でも、効果的な摂り方が必要です。




コラーゲンって結局効くの効かないの?


肌の弾力を保つたんぱく質の繊維コラーゲン。


鶏肉や魚の煮凝り、
フカフレなど、


コラーゲンが多い食べ物は
ふるふるしていかにも
お肌に効きそうな感じがします。


でも


食べ物やサプリメントでコラーゲンをとっても
体の中では分解されるのだから
意味がない


と言われてきました。

コラーゲン 美肌効果

ところが、
最近の研究では、


1日に5gのコラーゲンを摂ると
肌のツヤや水分量を維持し、
美肌に効果がある



ということが分かったそうで、


口から摂るコラーゲンはムダではない
とうことなんです。


食べたコラーゲンが効く理由


食べものやサプリメントとして
体内に入ったコラーゲンは、
消化、分解されますが、


すべてが
アミノ酸まで分解されるのではなく、


かなりの部分が、
アミノ酸がいくつかつながった分子=ペプチドに
なります。


コラーゲンが分解されてできたペプチドの中には、
コラーゲンの合成を促進する働きを
持つものがあります。


また、コラーゲンには、
コラーゲンの材料となる、
プロリンというアミノ酸、


コラーゲン合成を促進する
グルタミン、アルギニンが
多く含まれています。


コラーゲンは、
体内でそのままコラーゲンとして
使われるのではないが、


コラーゲンの材料となる
働きをする、
ということになります。


コラーゲンの効果的な摂り方


1.ビタミンCと一緒に摂る

コラーゲンを合成するにはビタミンCが
必要なので、


コラーゲンと一緒にビタミンCを摂ると
よいです。


2.魚のコラーゲンの方が吸収されやすい

食べものに含まれているコラーゲンは
分子が大きく、
吸収されにくいのですが、


その中では、魚のコラーゲンは
消化器官で分解されやすく
吸収されやすい、と言われます。


魚の中でダントツにコラーゲンの量が多いのは
ふかひれですが、


そのほかでは
ウナギ、魚の皮に多く含まれていますので、


煮魚、焼き魚は皮も一緒に
食べるとよいです。


低分子コラーゲンのサプリを摂る


コラーゲンが多い食べ物は
高脂質のものが多いので、
カロリーが気になりますよね。


上に書いたように、
食べもののコラーゲンは分子が大きく、
吸収されにくい、


ということもありますので、


食べものからだけコラーゲンを摂るのではなく、
低分子コラーゲン、
コラーゲンペプチドの


サプリ、美容ドリンクを利用しても良いでしょう。


サプリは美容ドリンクの場合は、
夜、寝る前に飲むと


夜間分泌量が増える成長ホルモンとの
相乗効果が期待できます。




スポンサードリンク




やっぱりコラーゲンは肌に効く?効果的な摂り方と効果とは? まとめ


コラーゲンを経口摂取(食べ物やサプリで摂る)
した場合の効果については、


動物実験では実証されていることが
多いのですが、


人間の場合は
個人差も多いのだそうです。


ですが、


消化・分解されてしまうから
コラーゲンを食べても(飲んでも)
ムダ、ということではない



のは確か、ということなので、


上手に取り入れていきたいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント