乳液ピーリング やり方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

すべすべ肌になる乳液ピーリング゙のやり方とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

乳液ピーリング やり方

肌に負担をかけず、
くすみやゴワつきをとれる
乳液ピーリングのやり方とは?



くすみやゴワつきの原因は角質


メイクがのりにくい、
化粧水がなじみにくい、
肌がくすんで見える、


などが気になったら、
お肌の代謝が低下して
古い角質が溜まっているかもしれません。


肌の細胞は真皮層で作られて
徐々に上に押し上げられていき、
一番上で角質層となってはがれるまでが約28日、


というのが、正常な代謝(ターンオーバー)の状態です。


しかし、紫外線、乾燥、ストレスなどによって
代謝が低下し、


古い角質が溜まった状態になることがあります。


溜まった角質は、
肌の保湿力を低下させたり、
肌の生まれ変わりを妨げてしまい、


乾燥やシワ、シミなどの原因となります。


ピーリングのメリットとデメリット


ピーリングは、
古くなった角質をはがすことで、


クレイなどの吸着力を利用したもの


角質をはがす成分を使ったケミカルピーリング、


などがありますが、


肌に負担をかけることもあるので
注意が必要です。


日本人は欧米人に比べて角質層が1/3程度しかなく、
「肌が薄い」んですね。


アメリカやヨーロッパで、
ボディトリートメントを受けると、


パックやマッサージの前に
スクラブを勧められることが多い
と言いますが、


欧米の人の肌は事前にスクラブで角質を取り去ったほうが
美容成分の浸透が良いのです。


(バスタブに入る習慣があるかどうか、
も関係していると思います)


日本人の中でも、
乾燥肌の人、敏感肌の人は
刺激の強いピーリング法は避けたほうが良いです。


乳液ピーリングとは?


乳液ピーリングとは、
乳液が肌を柔らかくする作用を利用して
優しく不要な古い角質を取り去る



という方法です。

いつも使っている、自分の肌に合った手持ちの
乳液で行うことができます。

乳液ピーリング やり方

乳液ピーリングのやり方


洗顔後、なにもつけていない肌に乳液を多めに乗せ、
親指以外の四本の指で力を入れないように
くるくるマッサージします。


蒸しタオルを顔にのせ、数分置き、その後
タオルで角質をふき取るように乳液をぬぐいます。


ふき取るときに、擦らないようにしてくださいね。


その後は化粧水などで肌を整えます。


乳液ピーリングを行うと
適度に不要な角質や老廃物が取り除かれて
すべすべした肌になります。


スポンサードリンク




乳液ピーリングの頻度は?


角質を取り除く効果としては
マイルドな乳液ピーリングですが、


角質を取り去る


ということ自体、やりすぎるとかえって
ターンオーバーを乱すので、


週に1、2回にとどめておきましょう。


すべすべ肌になる乳液ピーリングのやり方とは? まとめ


肌の代謝が落ちて溜まった古い角質は
乾燥、シワ、シミなどの肌悩みのもとになりますので、


適度に角質を取り去ることが必要なのですが、
角質が薄い日本人は
あまりハードな方法は避けたほうが無難です。


乳液ピーリングは、普段使っている乳液で
肌を柔らかくしながらソフトに角質をオフできるので、


肌を傷めるリスクが少ないですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント