こんにゃく グルコシウセラミド 乾燥肌

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

こんにゃくが乾燥肌に効くの?こんにゃくセラミドの効果とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

こんにゃく グルコシルセラミド

乾燥肌、花粉症による肌荒れなどに
悩んでいる人に、こんにゃくが効く、
ってホント?




こんにゃくセラミドとは?


こんにゃくセラミドとは、
こんにゃく芋に含まれている、


植物性グルコシルセラミドのことです。


グルコシルセラミドは、
セラミドとグルコースが結びついたもので、


こんにゃく芋だけではなく、
米や小麦、大豆にも含まれていますが、


こんにゃく芋に含まれる
植物性グルコシウセラミドの量は
米や小麦の約7~16倍と、


断然、多いため注目されているんですね。


こんにゃくセラミドの効果とは?


セラミドは、肌のターンオーバーによって生成される、
角質層の中にある細胞間脂質の一つで
肌の水分を逃がさない保湿作用があります。


作られたセラミドは、


グルコシルセラミドとスフィンゴミエリンに
分解して表皮の細胞内に蓄積され、
酵素の働きによって再合成されます。


こうした分解と再合成によって
角質細胞の間のセラミドの量が
一定に保たれています。


グルコシルセラミドは、7種類あるセラミドのなかでも
肌のバリア機能を高める、セラミド1の
材料になることが分かっています。



グルコシルセラミドを補うことで
肌のバリア機能が高まると、
乾燥肌が改善されるだけではなく、


アトピー性皮膚炎、花粉症による皮膚炎、
角化症、汗荒れなど、


バリア機能の低下による肌トラブルを
改善することができる、
と考えられています。


こんにゃく グルコシルセラミド

こんにゃくを食べたら乾燥肌が改善されるの?


1日に必要なグルコセラミドの量は600ugとされています。
これは生芋こんにゃく100g=約半丁
に含まれている量です。



毎日生芋こんにゃく半丁を食べるのは
ちょっと大変かもしれませんね。


できるだけ、こんにゃくを食事にも
とり入れながら、


グルコシルセラミドのサプリなどを利用するのが
よいでしょう。


また、こんにゃくセラミドが配合された
化粧品で外側から補うことも
効果があるとされています。



スポンサードリンク



こんにゃくが乾燥肌に効くの?こんにゃくセラミドの効果とは? まとめ


こんにゃく芋、米、小麦、大豆などに
含まれる、グルコシルセラミドには、


肌の角質層でバリア機能を高める
セラミド1の材料となり、


バリア機能の低下による乾燥肌や
肌トラブルを改善する効果があります。


1日に必要なグルコシルセラミドは
生芋こんにゃく100g程度に含まれますが、


こんにゃくだけから必要量を
毎日摂り続けるのは大変かも。


乾燥肌に悩んでいる方は、


グルコシウセラミドのサプリや
グルコシウセラミドが配合された化粧品
なども利用するとよいでしょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント