おすすめ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

いつ、どんな風に食べたらいいの?トマトの紫外線対策効果

読了までの目安時間:約 3分

 

トマト 日焼け予防

トマトに含まれるリコピンには、
ダイエット効果だけではなく
紫外線によるダメージを防ぐ効果もあります。


効果的なトマトの摂り方とは・・・?



リコピンの紫外線対策効果とは?


リコピンとは、トマトに含まれる
トマトの赤い色で、


強い抗酸化作用を持つ、
植物性ポリフェノールの1つです。


ポリフェノールの多くには
抗酸化作用がありますが、その中でも、


リコピンには、
β-カロテンの2倍、ビタミンの100倍の
活性酸素除去効果があります。



紫外線を浴びると、
メラニン色素が増えてシミができる


というだけではなく、


真皮層のコラーゲン、エラスチンが
弾力を失ってシワになったり、


体内に活性酸素が発生して
体内の老化が進みます。


トマトケチャップやジュースで知られるカゴメと
名古屋市立大学の共同研究では、


リコピンに、コラーゲンを増やす効果や
メラニン生成を抑制する効果がある、

という結果が出ており、


リコピンを摂取すると
そうした紫外線によるダメージを
予防することができます。

トマト 日焼け防止

いつ食べるのがいいの?


カゴメと名古屋市立大学の研究では、


トマトを朝、昼、夜の3つの時間帯で
食べた場合、


もっともリコピンの吸収率が良いのは
朝である、



とうことが分かりました。


そこで、日焼け予防、美肌のために
トマトを食べるなら
朝食べるのがおすすめです。


おすすめの食べ方は?


リコピンは、セルロースという固い壁を持つ
細胞の中に入っていますので、


細胞を粉砕できるジュースで飲むと
リコピンを吸収しやすくなります。


また、油やビタミンEと一緒に摂ると
吸収率が上がりますので、


オリーブオイルや亜麻仁油、
ビタミンEが豊富なアボカドや青じそ
アーモンドと一緒に摂るのもおすすめです。



スポンサードリンク



いつ、どんな風に食べたらいいの?トマトの紫外線対策効果 まとめ


リコピンは体内で合成することができず
また多くとって体内に貯蔵することも
できない成分なので、


継続して毎日摂り続けることが大切です。


紫外線対策や美肌のためには、
リコピンの球種率が高い朝食として、


ジュースで飲む、
油やビタミンEと一緒に摂る


ようにしましょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。