ゆでた人参のジュース 美白

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

βカロテンの吸収率1.6倍・美肌に効くゆでた人参のジュース

読了までの目安時間:約 4分

 

ゆでた人参のジュース

from:小西はるか
@青山のスタバ

野菜の栄養はなんとなく、加熱したものよりも生の方が摂れそう、なイメージがありますが、
人参に含まれるβカロテンは加熱したほうが体内吸収率が良くなるそうです。



βカロテンとは?


βカロテンは、植物に含まれるフィトケミカルで、カロチノイドという赤色の色素成分の一種です。


フィトケミカルは、動くことができない植物が細菌や虫などの外敵から身を守るために作り出している成分で、その多くには強力な抗酸化作用があります。


βカロテンにも抗酸化作用があり、
人間の体内では必要に応じてビタミンAに変わる、という働きももっています。


βカロテンが多く含まれる野菜は?


βカロテンは、にんじんやかぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。
その中でも、100gあたり7.7mgのβカロテンを含んでいるにんじんが、特に多くのβカロテンを含んでいる野菜です。


βカロテンを加熱するとどうなるの?


生の人参と、
ゆでた人参を細かく砕いたものを摂った場合とで比べたところ、
8時間後の血中βカロテンの濃度は


ゆでたものを摂った場合のほうが、生の人参を摂った場合よりも、
1.6倍となる、という結果が出ました。



βカロテンは油とともに摂ると吸収率が良くなる、といわれていますが、
ゆでるだけでも吸収率がよくなる、とされています。

ゆでた人参のジュース

ゆでた人参のジュースのシミへの効果


また、ゆでたニンジンをベースにした野菜果汁飲料を
13人の女性に、朝・昼・晩190gずつ飲んでもらったところ、
飲み始める前と比較して、


平均で、シミの面積が
4週間で3.88%減、8週間後で4.41%減という結果になりました。


つまり、ゆでた人参(ベース)のジュースを1日3回、約200㏄ずつ飲むと、


美白効果がある


ということですね。


ゆでた人参を使うもうひとつのメリット


人参と他の野菜やりんごなどの果物を一緒にジュースにする、と言うことも多いと思いますが、
生の人参にはアスコルビナーゼという酵素が含まれていて、
他の野菜のビタミンCを破壊してしまいます。


これを防ぐには、


人参を加熱するか、レモン汁や酢などの「酸」といっしょにする


ことが有効です。


茹でた人参をジュースにすることで、他の野菜のビタミンCが壊れる、ということがなくなり、
より、美肌・美白に良い栄養の摂り方ができますね。



スポンサードリンク




βカロテンの吸収率1.6倍・美肌に効くゆでた人参のジュース まとめ


抗酸化作用が強いβカロテンを多く含む人参は、


茹でてからジュースにする


ことによって、βカロテンの吸収率が高まり、
美肌効果がアップします。


茹でることで他の野菜・果物のビタミンCを壊してしまう、という作用がなくなる、
という点からも


ゆで人参のジュース


がおすすめです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント