酒粕 レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

酒粕ダイエットに・酒粕が苦手な人でも食べられる鍋風粕汁レシピ

読了までの目安時間:約 5分

 

酒粕レシピ

お正月は仕事が休みだっため、
ずっと家に引きこもっていたり、


それに加え、お餅、おせち料理など、
運動もせずに食べていて
体重が増えてしまった、という方。


ダイエット中の献立に、
発酵食品でヘルシーな酒粕を使った
料理がおすすめです。


酒粕は身体を温める効果があり、
風邪予防にもなるのでこの季節にぴったりな食材です


酒粕、といえば、
粕汁が定番ですが、
苦手な人もいるようです。


そこで、酒粕が苦手な人用のアレンジもできる
粕汁レシピをご紹介します。


酒粕が苦手な人でも食べられる鍋風粕汁レシピ


材料

4人分(たっぷりめです。汁物として食べるなら5人分以上あります)

  • 水1500ml

  • 鶏がらスープ大さじ1

  • 酒粕300g

  • 大根4分の1本

  • 里芋1袋(5、6個)

  • カブ小1個

  • こんにゃく1枚

  • 長ネギ1本

  • 厚揚げ1枚

  • 豚肉150g

  • 白味噌大さじ5(好みで全て使い切らなくてもよいです)

  • 塩適量


作り方

酒粕レシピ
1.まず、鍋に水を入れてだし汁を作ります
水1500ml、鶏がらスープ大さじ1を鍋に入れます。


2.酒粕に沸騰しただし汁をひたひたくらい注ぎ、
柔らかくなったら、フォークで潰しておきます。


3.具材の下ごしらえをします。
大根とカブの皮を剥いて、食べやすい大きさに切ります。
里芋は皮を剥いて塩茹でし、ぬめりを取ります。


長葱は1.5cmくらいの幅に切ります。

こんにゃくはスプーンで一口大にちぎって下ゆでします。
厚揚げは食べやすい大きさに切ります。
豚肉も一口大に切り鍋に入れます。


4.大根、里芋、こんにゃく、厚揚げを
だし汁が入った鍋にいれて、中弱火で煮ます
10分ほどしたらカブと豚肉を入れます。


5.具材が柔らかくなり肉に火が通ったら
柔らかくしておいた酒粕をこし器を使って鍋に入れます。


味を見ながら白味噌もこし器で溶かし入れ、
塩で味を整えれば出来上がりです。


失敗しないための注意点

1.このレシピの味つけはやや薄めなので、
濃い方がお好きな方は味噌、塩を多めにするのがおすすめです。


2.カブはすぐに火が通って煮くずれてしまうので、肉と一緒くらいに入れます。


もし、他の野菜が柔らかくなるまえに火が通ってしまったら、
先に取り出してください。


3.豚肉は火が通り過ぎてボロボロになるのを防ぐ為、最後に投入します


4.酒粕が苦手な方は、酒粕の量を少なめにして、
ふつふつ、煮込む時間を長くしたほうががいいでしょう。


野菜はここでは、大根、カブ、長ネギ、里芋を使っていますが、
人参やささがきごぼうを入れても良いです。


豚肉ではなく、鮭を入れてもおいしいのですが、。
鮭の生臭みが気になる方は、
甘塩鮭をグリルで焼いてからお鍋に入れるのがおすすめです。


普通に汁物として、器に盛っても良いのですが、
鍋物風に、家族一緒に鍋をつついて食べてもいいです。


スポンサードリンク



酒粕保存方法について

最後に、酒粕はアルコール分が蒸発して乾燥すると
そこからカビが生えるの注意が必要です。
タッパーに入れて、冷蔵庫の中で保存しましょう。


酒粕が苦手な人でも食べられる鍋風粕汁レシピ・まとめ


酒粕が苦手な人、お酒が苦手な人、
またはお子さんが一緒に食べる場合は、


酒粕を投入してから
よく火を通してアルコール分を飛ばします


その時、表面積が広い鍋の方がはやくアルコール分が飛びます。


そして、酒粕の量自体も減らし、
味噌の量を少し多めにしてください。


鍋物としていただいた場合は、
最後はおもちをいれると美味しいですよ。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント