赤ずいき レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

赤ずいきの栄養とレシピは?

読了までの目安時間:約 4分

 

赤ずいき レシピ

from: 小西はるか
@青山のスタバ

夏から初秋が旬の野菜「赤ずいき」の
レシピをご紹介します。



赤ずいきとは?


赤ずいきは、八頭(やつがしら)や唐芋(からいも)の茎の部分です。


八頭の赤ずいきは加賀野菜が有名で、
大阪府貝塚で生産している唐芋のずいきは紅ずいき、といいます。


茎の部分に日光が当たらないように白く育てたものを
「白ずいき」といいます。


工作に使うバルサ材のようなスポンジ状をしているので、
出汁や甘酢を含ませたお料理が向いています。


赤ずいきの栄養は?


赤ずいきは、昔は産後の体力回復によい、とされていました。


赤い色はアントシアニンで、目の網膜にある紫色の色素であるロドプシンの再合成を助け、
抗酸化作用によるアンチエイジング効果もあると言われています。


低カロリーで、カサがあるので、ダイエット中にも嬉しい食材です。


【レシピ】赤ずいきの甘酢漬け


酢を使うことで、赤ずいきの色が鮮やかになります。
さっぱりいただけるおすすめレシピです。


材料

小鉢として4人分程度

  • 赤ずいき 300グラム

  • 酢 50cc


○甘酢の材料

  • 酢 120cc

  • 水 100cc

  • 砂糖 50g~

  • 塩 小さじ1/2


※300gはカットして売られている1パックくらいです。


作り方

1.甘酢の材料を合わせて一度煮立ててさましておきます。


2.赤ずいきの皮をむきます。切り口からひっぱるようにするとむけます。
太い場合は親指程度の太さに切ってください。


3.沸騰した湯に塩を入れ、赤ずいきを入れて茹で、
流水にさらしてアクを抜きます。


4.2に酢を振りかけてもう一度絞ります


5.醒めた甘酢に4を浸します。


6.適当な長さに切って盛りつけ、白ごま少々を振ります。





お酢は、酸味がまろやかな千鳥酢がおすすめです。


作り方のポイント

赤ずいきはアクが強く、しっかりあく抜きしないとえぐみが残りますし
色もきれいに出ません。


茹でてさらして、の工程をしっかり行ってください。



スポンサードリンク




赤ずいきの栄養とレシピは? まとめ


はす芋(青ズイキ)と同じように、
赤ズイキも、昨年(2014年)は東京では探すのも大変で、


福岡に旅行したとき、天神の三越で見かけて思わず買ってきてしまった
くらいなのですが、


今年、2015年には、デパートの青果売り場でもよく見るようになりましたし、
スーパーのオオゼキや、ユニオンでもおいていますね。


長いまま売っていることと、カットしてパックされていることとがあります。


これといって個性のある味ではなく、出汁や甘酢の味と含ませて
しゃきしゃきの食感を楽しむ野菜です。


家庭菜園で、里芋系の野菜を作っている方は、
種類によっては茎は食べられないものもありますので
注意してください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント