梅シロップ 炊飯器

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

炊飯器なら10時間・梅シロップの作り方

読了までの目安時間:約 4分

 

梅シロップ 炊飯器

漬け込みに時間がかかる梅シロップも
炊飯器の保温機能を使えば一晩~10時間くらいで
すぐに作れます。



炊飯器を使った梅シロップの作り方


【材料】

5合炊きの炊飯器で作りやすい分量

  • 青梅 1kg

  • 氷砂糖 500g


※砂糖の量は500g~1kgの間で
お好みで加減してください。


【作り方】

1.梅を洗い、ヘタを爪楊枝や竹串で取ります。


2.梅と氷砂糖を炊飯器に入れて、
保温モードにします。


3.6時間くらいたったら様子を見て、
砂糖が溶けていなければ梅を取りだしてかきまぜます。
再び梅を戻してさらに2時間~4時間保温します。


※梅シロップを作るために必要な保温時間は
6~10時間です。


保温時間が長いほど、シロップの色や味が
濃くなります。


4.梅シロップを保存するビンを
煮沸消毒しておきます。


5.できあがった梅シロップを
ビンにうつし、粗熱が取れたら
冷蔵庫で保存します。


飲むときには、好みの濃さに
水や炭酸水で割ってください。


梅シロップ 炊飯器

梅シロップの梅を使った梅ジャム


梅シロップを作った後の梅にも
まだ味が残っていますので
梅ジャムにしてみましょう。

【材料】

  • 梅シロップを作った後の梅 1回分(約1kg)

  • 砂糖 100g

  • 水 適量



【作り方】

1.梅シロップから梅の実を取りだして
鍋に入れます。


シロップはあまりきっちり切らず、
少し一緒に鍋に入るくらいでいいです。


2.鍋に砂糖と梅が
ヒタヒタに浸かるくらいの水を入れて
火にかけます。


沸騰直前に弱火にして
アクを取りながらコトコト煮ます。


3.梅の実が木ベラなどでつぶれるくらい
柔らかくなったら、
一度火を止めます。


鍋の中で実をつぶして、種を取り除きます。


4.再び弱火にかけて、
好みの固さになるまで煮詰めます。


5.保存用のビンを煮沸消毒しておきます。


6.ジャムができたらビンに詰めて蓋をして
ひっくり返しておきます。


7.冷めたら冷蔵庫に入れて保存します。


※なめらかなジャムにしたい場合は、
梅の実をつぶして種を取り除いたら、
フードプロセッサーにかけます。



スポンサードリンク



炊飯器なら10時間・梅シロップの作り方 まとめ


普通に梅シロップを作る場合は、
梅と砂糖を煮沸消毒したビンに入れて
2~3週間くらい置くのですが、


炊飯器で梅シロップを作ると、
すぐにできてすぐに飲めますね。


また、漬けこんでいる間に、
梅シロップが発酵してしまう、
という失敗もありません。


シロップを作った後の梅は
ご紹介したようにジャムにしたり、


刻んで焼き菓子に入れたりして
活用してください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント