野菜玉 作り方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

時短・節約・野菜不足解消「野菜玉」の作り方と活用法

読了までの目安時間:約 4分

 

野菜玉 作り方

テレビ番組などでも紹介されて話題の「野菜玉」。
まとめて作っておくと
料理時間の短縮、節約、そして
野菜不足解消になる理由とは?




野菜玉って?


野菜玉は
カットして茹でた野菜をラップに包んで、
冷凍保存したものです。


使える野菜は、
キャベツ、にんじん、玉ねぎ、
小松菜、ほうれん草、ブロッコリーなど。


作った野菜玉は
凍ったまま、みそ汁やスープの具にしたり


ドレッシングやマヨネーズをかけてサラダにしたり
することができます。


野菜玉の3つのメリット


1.時短になる

野菜を使った料理は、
野菜を洗ったり皮を剥いたりして、
切る、


という工程に手間と時間がかかります。


野菜玉は、野菜を切ってサッと加熱してから
冷凍しているので、すぐに使うことができます。


使う目的に合わせた大きさや形にカットして茹でた
野菜を、
2、3種類組み合わせて野菜玉にしておく
こともできます。

野菜玉 作り方

2.節約になる

特に少人数家庭では、
少し残った野菜は野菜室の中でしなびてしまったり
しがちです。


そんな場合は、野菜玉にしておけば
最後までムダなく使うことができます。


3.野菜不足解消に役立つ

もう1品野菜を使った料理があればな、と思っても
手間がかかるのでつい省いてしまう、
ということって多いと思います。


野菜玉があれば、
インスタントのスープやカップ麺に
簡単に野菜を足すことができます。


また外出先でも、
インスタントのみそ汁と野菜玉で
野菜を食べることができますので、


不足しがちな野菜を摂ることに役立ちます。


野菜玉の作り方


基本の野菜玉

【材料】

6個分

  • キャベツ 1/4個

  • 玉ねぎ 1/2個

  • にんじん 1/2本



【作り方】


1.キャベツは2㎝角にざく切り
玉ねぎを薄切り、
にんじんは薄いいちょう切りにします。


2.鍋に湯を沸かして、
塩適量(分量外)を入れ、

 
野菜をさっとゆでます。


電子レンジを使う場合は、
野菜を耐熱ボウルに入れてラップを
ふんわりとかけ、


500wの電子レンジで5分加熱します。


4.野菜の粗熱が取れたら6等分します。

3種類の野菜があまり偏らないように分けます。


5.ラップで丸く包みます。


7.ジッパー付き冷凍保存用袋に入れて
冷凍庫に入れます。

野菜玉の保存期間は?


作った野菜玉は、
冷凍庫で約2週間程度保存できます。


野菜玉の使い方


味噌汁などの汁ものに入れる場合は、
仕上げに凍ったまま鍋に入れてOKです。


サラダやお浸しとして食べる場合は、
自然解凍します。


その他、パスタと作るときに具として使ったり、
カレーやシチューに入れたり、
オムレツの具にしたり、といった使い方ができます。



スポンサードリンク




時短・節約・野菜不足解消「野菜玉」の作り方と活用法 まとめ



野菜玉は、時間があるときに1週間~10日くらいで
使いきれるくらいの量を作って
ストックしておくのがおすすめです。


味付けはしていないので、
食べるときにはもう一手間は必要ですが、


生の野菜を一から洗って、切って、
というよりははるかに簡単に


野菜をプラスした食事ができますので、
忙しい、野菜不足が気になる、
という人は試してみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント