もやし 栄養 レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

かさましだけじゃない!もやしの栄養とレシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

もやし 栄養 レシピ


低価格で、すぐ火が通って、
料理のボリュームを出すことができる
便利な野菜、もやしですが、


かさましだけではない栄養があり、
ダイエットにも効果的な食材なんです。




もやしの栄養とは?


もやし1袋はだいたい、200~250gくらい。


もやしのカロリーは100gで約14kcalなので、
1袋でも35kcalくらい、と低カロリーな食材です。


でもそれだけではなく、
もやしにはさまざまな栄養が含まれています。


もやしは、
大豆、緑豆、ブラックマペットなどの
豆を発芽させたものです。


豆類なので、他の葉野菜などよりも
たんぱく質を多く含んでいるほか、


発芽によってアミノ酸の量が増え、
中でも、


疲労回復に効果がある、
アスパラギン酸が、
アスパラガスと同じくらい含まれていま
す。


また、発芽によってできる
GABAという成分には


血圧を下げる、
興奮状態や緊張状態を緩和してリラックスさせる


作用があります。


その他、もやしには。
ビタミンC、ビタミンB群、カリウム、
食物繊維などの栄養があります。

もやし 栄養 レシピ

もやしだけ汁そば


麺類を使わず、
もやしだけの中華そば風です。

【材料】

2人分

  • もやし 1袋

  • 玉ねぎ 小1/2個

  • 青梗菜 1株

  • 塩・こしょう 少々

  • 胡麻油 小さじ1

  • 水 500ml

  • 砂糖 小さじ1

  • 顆粒中華だし 小さじ1

  • すりおろししょうが 少々

  • すりおろしニンニク 少々
  • こn

  • ゆで卵 1個



【作り方】

1.もやしを洗ってざるに上げて水気を切ります。
玉ねぎは薄切りに、
青梗菜は食べやすい大きさに切ります。


2.フライパンにごま油を入れて火にかけ、
玉ねぎを入れます。


しんなりするまで炒めたら、
もやしを入れて、塩・こしょうを振ります。


3.水、砂糖、顆粒中華だし、しょうが、にんにく
を入れて沸騰させます。
青梗菜もいれて、火を弱め、1、2分煮ます。


4.器に盛り、縦半分に切ったゆで卵を乗せます。


レンチンするだけ・もやしの塩昆布和え


【材料】

2人分

  • もやし 1袋

  • 塩昆布 小さじ1

  • ラー油 少々

  • 胡麻油 小さじ1/2



【作り方】

1.もやしを洗って耐熱ボウルに入れ、
塩昆布、ラー油、胡麻油をかけて
サッと混ぜ、ラップをかけます。


2.電子レンジ600wで4分加熱します。


※ラー油、胡麻油なしで
塩昆布の塩気と風味だけでもおいしいです。


スポンサードリンク



かさましだけじゃない!もやしの栄養とレシ まとめ


もやしが、かさましになるのは
水分と食物繊維が多いためですが、


それだけではなく、
ビタミン類や、疲労回復に効果がある
アミノ酸などの栄養があります。


中華風やエスニックの味付けが合いますが


みそ汁の具にしたり、


レンチンして、
オリーブオイルとレモン汁、塩コショウ、
だけでもつけあわせになりますので、


ぜひ活用してください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント