おから納豆 ダイエット効果

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

おから納豆のダイエット効果とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

おから納豆 ダイエット効果

テレビ番組でも紹介された
ドライおからと納豆を合わせた
おから納豆のダイエット効果とは?



おから納豆とは?


おから納豆は、


納豆にドライおからやワカメ・オクラなどの具を
混ぜ合わせたもの。


ドライおからは、
おからを乾煎りしてパウダー状にしたものです。


おからは大豆から豆乳を絞ったのこりで、
不溶性食物繊維を多く含んでいます。


一方、納豆、ワカメ、オクラは
水溶性食物繊維を多く含んでいます。


不溶性食物繊維は、
便のかさをふやしたり、
不要な脂質を吸着して体外に排出するはたらき、


また満腹感をもらたす働きがあります。


水溶性食物繊維は、
糖質や脂質の吸収を抑え、


腸内細菌のエサとなって
腸内環境を整える
働きがあります。


不溶性食物食物繊維と
水溶性食物繊維は、このように
異なる働きを持ちますので、
両方をバランスよく摂る必要がありますが、


おから納豆では不溶性食物と
水溶性食物繊維の両方を摂ることができます。



ドライおからの作り方


生おからはふつう、200g1パックくらいの
量で売られています。


フライパンにオーブンペーパー(クッキングシート)
を敷いて、


生おからを、弱めの中火で
サラサラになるまで30分程度
乾煎りします。


200℃のオーブンで約15分間加熱する
という方法でもOKです。


生おからはすぐに傷んでしまいますが、
このようにドライおからにしたものは
冷蔵庫で1週間くらいもちます。



それ以上の保存は、
ジッパー付き冷凍保存袋に入れ、
冷凍保存すると良いです。


乾煎りが面倒な人は、
「おからパウダー」として
市販されているものを使っても良いです。


おから納豆の作り方


【材料】

1人分


  • ドライおから 大さじ1

  • 納豆 1パック(40~50g)

  • 乾燥ワカメ 1つまみ

  • ミニトマト 2個

  • オクラ 1本

  • オリーブオイル 小さじ1

  • 醤油 小さじ1



【作り方】

1.ミニトマトを半分に切り、オクラは小口切りにします。
乾燥ワカメを水で戻します。


2.納豆を器に入れ、醤油を加えて混ぜ合わせます。


3.納豆にドライおから、オクラ、ワカメを加えて
混ぜます。最後にミニトマトを入れて一混ぜします。


4.オリーブオイルをかけて完成。


ダイエットのためのドライおからの食べ方は?


ダイエットのためには、
ドライおからを1日30g(約大さじ3)食べます。


ドライおから納豆を1日3食食べても良いですが


それだけでは飽きると思いますので、


かんたんな食べ方は、
おみそ汁やスープに加えること。


また、ドライおからを食べている間は
水分を多めにとることを意識してください。


ドライおからが水分を含んで
満腹感が得られ、食べ過ぎを防ぎます。



スポンサードリンク



おから納豆のダイエット効果とは? まとめ


ドライおからはダイエット効果が高い食材ですが、


パサパサした食感が
苦手、という人もいます。


納豆、オクラといった
ネバネバ食材と合わせると、


パサパサ感が気にならなくなるだけでなく、
水溶性食物繊維も摂ることができます。


試してみてくださいね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。