肉味噌 野菜 レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

【ダイエットレシピ】しっかり味の肉味噌で野菜をやっぷり食べるレシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

肉味噌 野菜

肉味噌はごはんが進みがちな甘辛味なので
ダイエット中は
さけようかな、と思う人もいると思いますが、


しっかりした味付けで
野菜をたっぷり食べる
という方法にすれば、


ダイエットの味方になってくれます。


肉味噌そのものにも、
野菜を多めに入れたレシピをご紹介します。




野菜たっぷりの肉味噌の作り方


【材料】

3、4人分


  • 豚赤身ひき肉 200g

  • 蓮根(またはたけのこの水煮) 80g

  • にんじん 1/2本

  • 長ネギ 1/2本

  • 生姜 一片/li>

  • 甜麺醤 大さじ1

  • 酒 大さじ1

  • 醤油 大さじ1

  • オイスターソース 小さじ1

  • ごま油 小さじ1


【作り方】

1.蓮根(またはたけのこの水煮)、にんじん、長ネギ、
生姜をみじん切りにします。
甜麺醤、酒、醤油、オイスターソースを
小さなボウルで混ぜておきます。


2.フライパンにごま油と生姜を入れて
弱火に掛けます。
香りが立ってきたら、


ねぎ、にんじん、れんこんを入れて中火にして炒めます。


3.野菜に火が通ったら豚ひき肉を入れて
さらに炒めます。


4.肉の色が全体的に変わったら、
合わせておいた調味料を入れて火を通しながら
全体に絡めます。


5.火を止めて器に入れます。


おすすめの野菜との組み合わせ


☆レタス

レタスの肉味噌巻きは定番メニューです。
レラスは、水分ばかり、というイメージがありますが、
たしかに、重量の95%が水分ではあるもの、


抗酸化作用があるビタミンCやビタミンE、
水溶性食物繊維などの栄養を含みます。


特に、リーフレタスやサニーレタス、
ロメインレタスなどの、中心部まで緑の色が濃いタイプは
βカロテンも比較的多めに含んでいます。


肉味噌は作り置きができますので


あとは、レタスを洗ってしっかり水気を切るだけで
1品になる手軽さもいいですね。

肉味噌 野菜

☆サヤインゲン

豆のサヤの部分を食べるタイプの豆類野菜である
サヤインゲンは、


ビタミンB群が豊富で、


肉味噌に使った豚肉にもビタミンB群が含まれますので、


合わせて、
疲労回復や、糖質の代謝を促進してくれます。


サヤインゲンは、ヘタとスジを取って、
熱湯で2分程度ゆで、
その上に肉味噌を添えていただきましょう。


☆長ネギ、玉ネギ

肉味噌の材料にも長ネギを使っていますが、
ネギ類に含まれるアリシンには、
ビタミンB1と結びついてより、疲労回復などの
効果がアップすることが知られています。



玉ねぎスライスと肉味噌を合わせたり、
他の野菜と肉味噌を合わせるときに、長ネギの千切りを天森にしたり
して活用しましょう。


スポンサードリンク



【ダイエットレシピ】しっかり味の肉味噌で野菜をやっぷり食べるレシピ まとめ


ダイエット中だからといって、
野菜しか食べない、といった方法では、


代謝に必要な栄養が不足して
かえってむくんだり
食欲が止まらなくなってしまう、


といったことになりがちです。


タンパク質やビタミンB群を含んだ豚肉を使った肉味噌と
繊維質やビタミンCが豊富な野菜を組み合わせて、


麺類やごはんで糖質も適度に摂るのがよいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿