心理テスト 書店 選んだ本

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

<心理テスト>アラサー男子はチェック!書店で思わず手にとった本とは?

読了までの目安時間:約 6分

 

心理テスト書店

あなたは初めての大きな書店に入りました。
そこで思わず手に取った本から
分かることとは?



大きな書店で選んだ本


あなたは初めてはいる、
大きな書店に入っていきます。


書棚についている
案内プレートをみて、


あなたはふと、
普段はあまり読まないジャンルの
本棚に近づいていきました。


そこで、1册の本がとても興味を惹き、
手に取りました。。。


あなたが手にとった本とは?

1.恋愛小説

2.資格関係の本

3.料理の本

4.お笑い芸人のエッセー

5.旅行の写真集やエッセー


選んだ本から分かることとは?


書店で選んだ本は、
あなたが彼女に対して抱いている不満
を表しています。


現在、彼女がいない人は、
もし付き合っている女性がいたら
こんなところを気にする、


という風に読んでください。


1.恋愛小説

ずばり、あなたが物足りなく思っているのは、
ロマンチックな雰囲気に欠けること。

心理テスト書店
しっかりしているのはいいけれど、


まだ結婚しているわけでもないのに、
所帯じみている。


そんなことが気になるあなたは、
結婚してからも、


妻にはいつもきれいにしていてほしい、


タイプでしょう。


ただし、奥さんに「きれいにしていて」
と要求することは、

それだけの稼ぐ、甲斐性、
を求められる、ってことでもあります。


2.資格関係の本

あなたが彼女に抱いている不満は、
現実感に欠けている
と思われるところ。


特に金銭的な部分で、
浪費癖がありそうに見えることが
気になるのではないでしょうか?


常識、と
思われることを知らなかったり
するのかも。


一緒にいるのは楽しいから、と
割り切って付き合い続けるか、


結婚相手には、もっと堅実な女性を
を思うなら思いきって
別れることも考えていいのかも。


3.料理の本

あなたが彼女に対して不満に
感じるのは、


結婚を考えてるように見えない、


こと。


仕事が充実しているのはいいことだし、
友達とのつきあいや習い事なども
楽しそう。


でも、こうやって1人でいるのが楽しくて、
結婚する気がないんじゃ?


また、結婚して家庭を持った場合、
家事をあまりしなそうに見えていたり。


あなた自身が、
結婚や家庭について、
わりと保守的な捉え方をしていて、


どんな形でもいっしょにいればいいんじゃない、


とか


家事はできる方がすればいい、

というタイプではないことも
影響していそうです。


4.お笑い芸人のエッセー

あなたの不満は、

彼女におもしろみが足りないことや
冗談が通じないこと。


冗談のつもりでいったことを
本気に取られて気まずくなったり、
ケンカになったり、


ということがよくある。


ただ、

冗談


の範疇は、人によって違うので、


一度、友達などに、
「この冗談って許せる?」と聞いてみては?


もしかしたら「冗談でもダメだろう」
と言われるかも。


気を遣いながら会話するのがどうにもイヤ、
というのなら、
ノリがあう女性を捜した方がいいのかもしれません。


5.旅行の写真集やエッセー

あなたが気になっているのは、
彼女があまりフットワークが軽くない
ことでは?


あなたが人気のスポットや、
外食、映画、などのデートを提案しても、


彼女は、人混みは疲れるし、
家でDVD観てまったりするのがいい、
というタイプ。


または、アウトドア派のあなたに対して、
屋外でのレジャーに
彼女がまったく乗ってこない。


一緒に出かけたいのなら、
彼女のペースに合わせて
スケジュールをゆったりする、


など試してみてもいいかも。


<心理テスト>大きな書店で選んだ本のまとめ


イメージの中の書店で
あなたが選んだ本は、


彼女について不満に思っていることを
表しています。


1.恋愛小説→ロマンスや雰囲気に欠ける。

2.資格関係の本→浪費癖がありそう。

3.料理の本→結婚に向いていないかも?

4.お笑い芸人のエッセー→おもしろみがない。

5.旅行の写真集やエッセー→フットワークが悪い。


「書店」はあなたの人生の設計を象徴しています。


「書店」と言われて、
本がぎっしり詰まった本棚をまず思い浮かべる人は
自分のキャリアパスをしっかり考えるタイプ。


椅子やソファや、
書店に併設されたカフェを思い浮かべる人は、
自由人タイプかも。


アラサーともなると、
付き合っている彼女に対しても、
「結婚」を意識しているはず。


本が象徴する「不満」は、

「この女性とずっと一緒にいるなら」ということで
気になることなんですね。


ご参考までに。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント