鶏むね肉 やわらか 照焼

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

鶏むね肉のしっとりやわらか照焼の作り方

読了までの目安時間:約 1分

 

鶏むね肉 やわらか 照焼

鶏むね肉をパサつかせず、しっとり仕上げる下処理方法と
淡泊な味を補う甘辛照焼の作り方をご紹介します!



鶏むね肉の下処理をする


  • 鶏むね肉(皮なし)1枚(200~250g)

  • 酢 大さじ2

  • 酒 大さじ2

  • 塩 小さじ1/4


1.むね肉全体にフォークで穴を開けます。


2.ポリ袋にむね肉、調味料をすべて入れて
軽くもみこみ、冷蔵庫で1日置きます。


すぐに使いたい場合は、常温で30分置きます。

鶏むね肉 やわらか 照焼

鶏むね肉の照焼の作り方


【材料】

むね肉1枚分

  • 上の方法で下処理したむね肉 1枚

  • サラダオイル 小さじ1
  • 片栗粉 適量

  • 醤油 大さじ2

  • 砂糖 大さじ2

  • みりん 大さじ2

  • 酒 大さじ2



【作り方】

1.ポリ袋から取りだしたむね肉の水分を
キッチンペーパーでよくふき取ります。


肉の厚みがある部分は開いて厚みをできるだけ
同じようにします。


2.むね肉に片栗粉を薄くまぶしつけます。


3.調味料を合わせておきます。


4.フライパンにサラダオイルを薄く敷き、
むね肉をおいてから火を付けてごく弱火にします。


8~10分程度で、肉の半分くらいまで白く火が
通ったらひっくり返して、
反対側も弱火で7分くらい焼きます。


5.最初に焼いていた側を下にして
合わせ調味料を入れます。

ぶくぶく泡だってきたら
肉をひっくり返したりして、
全体に調味料を焼き付けます。


お弁当用に


お弁当に入れる場合は、最初から
一口大にそぎ切りにして作るとよいです。


胸肉の繊維を断つ方向で斜めにそぎ切りにします。


肉が小さく薄くなっていますので、
焼き時間はその分短くなり、
最初に焼く面4分、ひっくり返して3分くらいです。



ポイント


片栗粉をまぶすことで肉の表面に膜をつくり、
中心部にゆっくり熱が伝わるようにします。


また、調味料と片栗粉が合わさって適度なとろみがつきます。


たんぱく質は65℃くらいから固まり始めますが、
この温度帯をできるだけゆっくり通過させることで
肉が固くなりません。


皮を外した方が低脂肪・低カロリーになりますが、
皮つきのむね肉を皮目から焼いてパリッとさせたものも
おいしいですよ。


合わせ調味料を入れたら、
砂糖と醤油が焦げ付きやすいので、
30秒から1分くらいで仕上げてください。


スポンサードリンク



鶏むね肉のしっとりやわらか照焼の作り方


鶏むね肉は、低脂肪高たんぱくなダイエット向き食材ですが、
普通に加熱するとパサパサになったり、
また味がたんぱくすぎたりして、苦手、という人も多いと思います。


この下処理と焼き方なら、
ふっくらと仕上がるので、試してみてください。


もも肉と比べてお値段がお手ごろなのも
助かりますよね。




スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント