枝豆豆腐 電子レンジ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

電子レンジで作れる枝豆豆腐のレシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

枝豆豆腐 電子レンジ

きれいな緑色の「枝豆豆腐」。
まるでお店で突き出しに出てくるような
おしゃれな料理ですが、


火を使わないで簡単に作ることができます。




枝豆豆腐とは?


豆腐、というと、
豆乳ににがりを入れて加熱して
固めたもの


が一般的ですが、


呉豆腐、といって、
豆乳に葛粉などのでんぷんを入れて加熱しながら
練り上げたものや、


同様に練りごまを葛粉で固める
胡麻豆腐、


寒天で固める杏仁豆腐などがあります。


枝豆豆腐にも、
豆乳に、ペースト状の枝豆を混ぜて
にがりで固めるものと、
ゼラチンで固めたものが


それぞれ、
枝豆豆腐、と呼ばれています。


今回は、簡単に作れる
ゼラチンで固めた枝豆豆腐を
ご紹介します。


枝豆の栄養


枝豆は大豆を未熟な状態で収穫したものです。
大豆に福間得ている大豆たんぱく質、イソフラボンの他、


大豆にはないビタミンC、
βカロテンを含み、


豆と緑黄色野菜の両方の特徴を持っている、と言えます。

枝豆豆腐 電子レンジ

3つ材料・電子レンジで作る枝豆豆腐


【材料】

2、3人分

  • 枝豆 サヤからだして正味で100g

  • 豆乳 200m

  • ゼラチン 5g



【作り方】


1.ゼラチンを大さじ3の水でふやかしておきます。


2.枝豆をさやごと(約250g)洗い、
沸騰したお湯に入れて3分程度茹でます。


ざるにあげて水けをきり、粗熱を取ります。


3.枝豆をサヤだし、豆乳と一緒にミキサーにかけて
なめらかにします。


4.水でふやかしたゼラチンを6
600wの電子レンジで20秒加熱して溶かし、
をミキサーに入れてさらに攪拌します。


5.ミキサーにかけた枝豆、豆乳、ゼラチンを
ザルで濾します。

※枝豆の薄皮は剥かずにミキサーにかけますが、
攪拌した後で、ザルで濾すとよりなめらかになります。



6.流し缶に流して大きなものを1つ作り、
食べるときに切り分けるか、


小さな器に分けて流し、


冷蔵庫で冷やし固めます。


枝豆豆腐の食べ方


枝豆豆腐自体には、塩味や出汁のあじはついていませんので、


生姜醤油やめんつゆ、酢味噌などを
かけていただくか、


スイーツとして、きな粉と黒蜜などで
食べてもおいしいです。



スポンサードリンク




ちょっと手をかけてめんつゆで「あん」を作って
かけるとおもてなしにもよいですよ。


耐熱の容器に、
めんつゆを表示の比率で水で薄めて入れて
合計50㏄にします。


小さじ1弱の片栗粉を入れてよく混ぜます。


600wのレンジで20秒程度し、
とりだしてスプーンや小さなマドラーでよく混ぜます。
とろみがつくまで10~20秒加熱→混ぜるを
繰り返します。


粗熱が取れたら枝豆豆腐にかけて、
おろししょうがを天盛りにします。


電子レンジで作れる枝豆豆腐のレシピ まとめ


ご紹介したレシピでは、


枝豆の薄皮を剥く手間も省いており
加熱は電子レンジだけなので、
簡単に作れます。


枝豆の旬は一般には5月~8月ごろですが、
黒豆の枝豆は、9月~10月なので、
まだまだ楽しめますね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント