ズッキーニ レシピ 離乳食

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

離乳食に!超簡単、ズッキーニのお子さまスープの作り方

読了までの目安時間:約 4分

 

ズッキーニ離乳食

夏になると出回るズッキーニは
カリウムが豊富で火照った体を冷やしてくれます。
そんなズッキーニを使った離乳食レシピです。



かぼちゃの親戚のズッキーニですが、
食感は固めのナス、のような感じです。


フランス在住の30代女性に、
ズッキーニを使った離乳食レシピ
教えていただきました。


離乳食に!超簡単、ズッキーニのお子さまスープのレシピ


フランス在住の30代主婦です。
日本ではまだまだなじみの薄いズッキーニですが、


こちらでは夏野菜の主役級として、
毎日の食卓で大活躍します。


もちろんこれを使って赤ちゃんやお子さまのための
離乳食を作ることもできてしまいます!
今回は私のオリジナルレシピをご紹介します。


材料

2歳くらいの子供まで2、3人分

  • ズッキーニ(中くらいサイズ)1本

  • 鶏肉100g

  • じゃがいも(小さ目)1個

  • 玉ねぎ(小さ目)半分

  • 塩少々


作り方

1.ズッキーニとじゃがいもの皮をむき、
適当な輪切りにします。
玉ねぎと鶏肉も3センチ角ほどに切り分けます。


2.深めの鍋にズッキーニ・じゃがいも・玉ねぎ・鶏肉を入れ、
ひたひたにかぶるくらいの水を入れて強火にかけ、ゆでます。


沸騰したら、吹きこぼれに注意して、軽くあくをとります。
その後中火にして煮込み、
じゃがいもが崩れるくらいに柔らかくなったら火を止めます。


3.ざるにあけてお湯をきり(ゆでたお湯は必ずとっておくこと)、
熱いうちにミキサーにかけてピューレ状にします。


ゆでたお湯を少しづつ加え、
お好みのゆるさのスープに調節して下さい。
最後に塩で調味をして、出来上がりです。


ズッキーニ


作り方のポイント


最後に加えるゆで汁の加減で、
スープにもピューレにもなります!


お子さまの月齢やお好みに合わせてアレンジして下さい。


鶏肉は、ピューレにしますので、皮をひいた
胸肉がいいです。


ズッキーニは苦みの当たり外れがありますので、
注意して選ぶようにしましょう。


せっかく作って、苦くなってしまうと
残念なので、料理する前に
はじっこを少し味見するといいでしょう。


スポンサードリンク




ここがおすすめ!


大人用にはズッキーニの皮ごとスープにしてしまっても良いのですが、
離乳食スープ用にむいた皮も捨ててはいけません!


ニンニクのみじん切りと一緒に
さっとオリーブオイルで炒めて塩コショウするだけで、


おいしい副菜・あるいはビールのおつまみに早変わり、
エコなもう一品ができあがります!


離乳食に!超簡単、ズッキーニのお子さまスープ・まとめ


ズッキーニを、形のまま食べるときには
皮と身の間の食感がおいしいので、
皮を向かいで調理するのがおすすめ。


でも離乳食の場合、ピューレ状にするので
皮はむいたほうがいいですね。


剥いた皮も炒めて
活用できますので、
ぜひお試しください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント