マグロ オクラ どんぶり

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

酢飯でさっぱり!オクラとマグロのどんぶり

読了までの目安時間:約 4分

 

マグロとオクラのどんぶり

まぐろのヅケどんぶりにオクラを合わせて
夏らしくアレンジしました。



酢飯でさっぽりといただきます。


オクラとマグロのどんぶりの作り方


材料

2人分

  • オクラ 5本

  • マグロの切り身や剥き身、中落ちなど 200g

  • ごはん 400g(どんぶり軽く2杯分相当)

  • 日本酒 適量

  • 醤油 適量


【合わせ酢の材料】

  • お酢 30ml

  • 砂糖 6g

  • 塩 一つまみ



作り方

1.マグロを一口大に切り、ボウルに入れて
酒と醤油を適量ふりかけます。
このまま置いて味を馴染ませ、ヅケにします。


2.オクラを水洗いし、まな板に塩(分量外)を撒いて
オクラを転がし、塩ずりします。


3.鍋にお湯を沸騰させ、塩ずりしたオクラを入れて茹でます。
鮮やかな緑色になったらすぐザルに揚げ、
流水で冷やして水を切ります。


水臭くならないように、
キッチンペーパーなどで丁寧に拭いた方がいいでしょう。


4.お酢、砂糖、醤油を混ぜ、合わせ酢にします。


5.ごはんをボウルに入れ、4で作った合わせ酢を入れ、酢飯にします。
切るように手早く混ぜるのがコツです。
うちわで余分な熱を飛ばしながらやるのが理想です。


6.オクラを5mm幅程度の輪切りにします。


7.どんぶりに酢飯を盛り、ヅケにしたマグロとオクラを盛り付けて完成です。
お好みでワサビや刻みネギなどの薬味を加えても良いでしょう。
食べる時に混ぜるのが面倒な方は、マグロのヅケに薬味を加えても良いです。


作り方のポイント


マグロもオクラも生でいただく料理です。


そのため、茹で上げたオクラの水気はしっかり取り、
水臭さを除いて、
具の美味しさをしっかり保ちたいところです。


またオクラのゆで加減は、
色が鮮やかになったらすぐ引き上げるくらいで
あまりゆですぎないでください。


仕上げは、
好みで、ご飯に刻みのりを載せてから
マグロ・オクラを載せてもいいですし、


白ごまをふってもいいです。


今回は夏らしくさっぱりとした食べやすさを考え、
ごはんは酢飯にしました。


マグロ ヅケ

でも、マグロの味付けを濃くすれば、
白いごはんのままでも美味しくいただけます。
酢飯が苦手な方や酢飯にするのが面倒な方はそちらでも良いでしょう。



スポンサードリンク




酢飯でさっぱり!オクラとマグロのどんぶり・まとめ


マグロは、赤身のサクでも、
中落ち、すき身でも好みのところを選んでください。


ちなみに、中落ちはマグロの中骨の周りの肉、
すき身は、皮に残った肉を、すきとったもので、
すき身のほうが脂があります。


脂分の多いところを使った場合は、
薬味をたっぷりめに添えたほうがおいしいですよ。


お試しください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント