酢玉ねぎ レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

酢タマネギ活用レシピ「バンバンジー」

読了までの目安時間:約 4分

 

酢玉ねぎ レシピ

from: 小西はるか
@銀座のスタバ

酢玉ねぎを活用した「バンバンジー」をご紹介します!



酢玉ねぎ活用レシピ「バンバンジー」


こんにちは。

  • 野菜ポリフェノールのケルセチン

  • 血液サラサラ成分の硫化アリル

  • 腸内環境を整えるオリゴ糖


など、


玉ねぎの健康、美容によい成分を
手軽に効果的にとれる「酢玉ねぎ」は


そのまま食べてもおいしいのですが、
酢に玉ねぎのうまみがプラスされている酢玉ねぎを
使ったお料理は、手軽に味わいがグレードアップします。


ちょっと変わったところでは、
カレー使ってもカレーがおいしくなります。


今回は、酢玉ねぎを使ったバンバンジーの作り方です。


材料

2人分

  • 鶏むね肉 1枚

  • 三つ葉 1束

  • お酒 少々

  • 練りゴマ 大さじ3

  • 酢玉ねぎの漬け酢 大さじ2

  • ゴマ 大さじ2

  • ラー油 小さじ1/2

  • ピーナッツ 適宜

  • 酢玉ねぎ 適宜


※練りゴマは瓶の底などで固まっているものが多いのですが、
このチューブタイプの練りゴマは分離せず使いやすいです。





作り方

1.鶏むね肉を酒少々を入れたお湯で茹でます。

2.茹で終わった鶏むね肉はお湯から出さずに、そのまま冷ました後、食べる前に1cmくらいの斜め切りにスライスします。

3.練りゴマに、酢玉ねぎの漬け酢、ゴマとラー油を混ぜておきます。

4.ミツバは1cmくらいの長さに刻み、ピーナッツは砕いておきます。

5.お皿に酢玉ねぎをお好みの量敷き詰め、スライスした鶏むね肉を並べ、三つ葉とピーナッツを乗せてたれをかけたら完成です。


作り方のポイント


ポイントは、鶏むね肉を茹でた後すぐに取り出すとパサパサするので、
ゆで汁に漬けたまま放っておいて冷まし、
食べる直前にスライスすることです。


また、バンバンジーに使う茹で鶏、蒸し鶏は、胸肉を使う、というイメージがありますが、
実は、もも肉でもとてもおいしいです。


カロリーはちょっと高くなりますが、
もも肉は胸肉よりもぱさつきがでないので、
茹で鶏のパサパサ感が苦手な方は、一度もも肉で試してみてください。


もも肉の場合は、皮の裏の黄色い脂肪のかたまりを適当にとってから
茹でます。


このレシピの量ではらー油はちょっと多めです。
辛さはこのみで加減してください。


スポンサードリンク



ピーナッツは、ほかにクルミ、アーモンド、カシューナッツなどのナッツでもいいし
パリパリの食感をプラスできるコーンフレークでもOKです。


酢タマネギ活用レシピ「バンバンジー」まとめ


玉ねぎの有効成分プラス、
酢の効果で、


代謝を高めてダイエットに効果のある酢玉ねぎは、
スライスしたトマトやキュウリと併せてサラダにしたり、
冷や奴に乗せるなど、


火を使わない夏メニューでも出番が多いので
まとめて大量作っておくことをお勧めします。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント