酒粕 甘酒 作り方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

酒粕で作る生姜入りぽかぽか甘酒

読了までの目安時間:約 4分

 

酒粕でつくる甘酒

寒い季節におすすめの
生姜とはちみつ入りの甘酒です。



甘酒には、
炊いたご飯を糀で発酵させて作るものと
酒粕を溶かして甘味をつけたものとがあり、


酒粕を使うと発酵させる時間が必要なく
簡単に作れます。


甘味は砂糖でもいいのですが、
今回はよりヘルシーにはちみつを使いました。


酒粕で作るしょうが入りぽかぽか甘酒


材料(4~5人分)

  • 酒粕 200g

  • 水 1リットル

  • はちみつ 小さじ6杯

  • しょうが スライスした物を4枚ぐらいを細かく千切りにする

  • 塩 ひとつまみ 


作り方

1.まず水1リットルを鍋に入れて沸騰させる。沸騰したら火を弱める。


2.沸騰したら細かくちぎった酒粕を1に投入する。


3.酒粕が溶けてきたら刻んだしょうがとはちみつを入れる。


4.最後に塩をひとつまみいれて完成。


失敗しやすいところ、注意するところなど

酒粕でつくる甘酒
お湯に酒粕を溶いて
甘味をつけるだけ、
なのですが、初めて作ったときに


手間取ったのは酒粕がなかなか溶けにくく
塊になってしまったことです。


最初、適当にちぎって入れた大きさが大体3㎝角ぐらいだったので、
次は1㎝角くらいにちぎったところ、
もっと早く溶けやすくなりました


生姜は、薄切りや千切りでは
口当たりが気になる人もいるかなと思います。


その場合は、本当に細かくみじん切りにするか、
しぼり汁を入れても良いかと思います。


生姜の食感があるのが好きな人は、
多少荒くてもいいので、
これも好みになるかと思います。


アレンジとして

材料に付け加えて、牛乳や豆乳を入れるのもおススメです。
その時は水の量を300ミリリットルぐらいに減らして、
水と合わせて1リットルにするのですが、


牛乳や豆乳を入れてから沸騰させると
分離して口当たりが悪くなりますので
水だけで酒粕をふつふつ煮てから


牛乳・豆乳を入れるとよいです。



スポンサードリンク



酒粕で作る生姜入りぽかぽか甘酒・まとめ


子供の頃に飲んだ甘酒が、
アルコール臭かったり、甘すぎたり、
美味しくないイメージがある人も多いと思います。


自分で作れば甘さは加減できますし、
アルコール臭も煮てとばすことができます。


生姜を入れる事によって、体が温まり、
甘酒との相性ばっちりです。


はちみつは砂糖や他の甘味料に変更しても大丈夫ですが、
はちみつはミネラル分も含んでいて
体にもいいですね。


甘さはお好みで加減してください。


また、一度にこんなにたくさん作らない、
というときには
分量を人数で割ればOKです。


最後に塩をほんの少しだけ加えることで、
より一層美味しく味も引き締まるので
忘れずに入れてください!


糀を使った市販の甘酒を温めるときも
生姜の絞り汁と塩をいれると
より美味しくなりますよ。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント