秋バテ 症状 原因

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

過ごしやすくなったのにツライのは秋バテかも

読了までの目安時間:約 5分

 

秋バテ 症状 原因

9月には残暑があっても
朝晩は過ごしやすくなりますが
この時期に、秋バテする人が増えています。


だるい・疲労感が取れない、という人は要注意です。



秋バテとは?


秋バテとは、
9月を過ぎて、日中は残暑があり
朝晩涼しくなるようなころに、


だるい、疲れが取れない、
頭痛がする、


といった夏バテのような症状が続くことをいいます。


秋バテするのは、


まだまだ気温が高く、
汗をかいて体温を調整するために
エネルギーを使い、


一方で、冷房の中や、気温が下がる時間帯には
耐熱を作り出すためにエネルギーを使うことで、


知らず知らずのうちに
体力を消耗している
ことや


外気温と室内の温度、
1日を通しての気温差が大きいことで


自律神経の働きが乱れがちになることに
よっておこります。

秋バテ 症状 原因

また、9月でもまだ紫外線は強く、


そうした紫外線を浴びると
体内に疲労を感じさせる物質が増え、
秋バテになりやすいのです。


秋バテの2つのタイプとは?


秋バテには2つのタイプがあります。


1.燃え尽き型

体力があり夏の間は比較的元気に過ごしていますが、
自律神経に負担がかかり続けていたために
気候が変わる時期になって不調が出てくるタイプ。


体力があり暑がりで、
冷房の効いた場所で体を冷やさない
といったことにあまり気を付けなくても
その場では冷えを感じないタイプなので、


冷たい食べ物・飲み物が多かったり
夏場は湯船に入らない、


といった人が当てはまることが多いです。


2.だらだら不調型

体力がなく、胃腸が弱い人は
夏バテが秋になっても回復しずらく
だるさや疲労感がを引きずることがあります。


秋バテ対策はどうしたらいいの?


秋バテには
どちらのタイプにも


  • 気温の差が大きい

  • 内蔵の冷え

  • 運動不足による血行不良

  • 紫外線

  • ストレス



が関係していることが多いです。


1.気温の差が大きい

冷房の効いた場所で仕事をするときなどは
ひざ掛けをして下半身を冷やさないようにします。


2.内臓の冷え

冷たい飲み物、食べ物を摂りすぎないようにし
1回の食事で1品(みそ汁など)は温かい
食べものを摂るようにします。


またよく噛んで食べると内臓脂肪が燃焼しやすくなり、
体温が上がります。


ダイエット効果もありますので一石二鳥ですね。


3.運動不足による血行不良

血液循環が滞ると冷えや凝りなどの
症状が出ますし、


必要な栄養を運んだり
疲労物質を排出するのも血液の流れが大きく
関係しています。


特別に運動の時間をとらなくても、
歯磨きの時にスクワットをする、
台所に立つときにつま先立ちする、


といった日常生活の中でできる軽い運動を
心がけるようにしましょう。


特に下半身を締め付けすぎる下着や服を避けることも
大切です。


4.ストレス

好きなことをする時間を盛ったり、
お風呂は40℃程度のお湯にゆっくりつかったり、


といった方法でストレスをためないようにしましょう。


強い紫外線に当たることもストレスになるので、
日焼け止めや帽子での紫外線対策も忘れずに。



スポンサードリンク



過ごしやすくなったのにツライのは秋バテかも まとめ


最近はニュースなどでも取り上げられるように
なった「秋バテ」。


だいぶん過ごしやすくなったよね、
と言いながら


なんだだるい、疲れている、


という人はチェックしてみてください!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。