子供の運動会 紫外線対策

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

運動会での紫外線・日焼け対策は周りのじゃまにならないように!

読了までの目安時間:約 4分

 

運動会紫外線対策

子供の成長の様子を見られる運動会は
親にとっても楽しみですが、
最近の運動会は5月6月が多く、紫外線が気になります



ママたちがどんな紫外線対策をしているのか、
今回は石川県の30代女性に体験を聞いてみました。


子供の運動会での日焼け対策として気をつけていること


石川県在住、30代、小学2年生の息子を持つ母です。
小学校の運動会は毎年5月の終わりに行われます。
この時期になるとかなり暑く、日差しも強いので日焼け対策は必至です。


具体的にはUVクリームは当然、帽子を目深にかぶり、
薄手のサングラスをつけます。


濃い色のサングラスは逆に瞳孔が開いて日焼けするそうなので、
あくまで薄色のレンズ、ベストは黄色レンズなのだそうです。


腕にもUVの手袋をして、長袖の、これまたUVの薄手のパーカーを着こみます。
最近はUVマスクも売っているので、それを付けるのもいいかも知れませんが、
あまり全身全て覆うと、不審者と間違われそうなので、そのあたりは考えた方が良いです。




こういうグッズも、「ヒルナンデス」で紹介されたそうですが、
やっぱりちょっと・・・見た目に難があるかな、と。


運動会観覧では日傘はNG・・・かな?


また、よく日傘をさしている人がいますが、
後ろにも座っている人がいる場合、
日傘は非常に邪魔になるので、やめて欲しいです。


前の人の視界をさえぎってしまいことになりますし、
当日は大勢の人が来ていますので、
混雑した中ではぶつかったりしますので。


これは運動場の広さや、人数にもよりますので、
もちろん、学校までの道は日傘を使っていいわけですから、


グラウンドに入ったら日傘を差していいのかどうか、
周りを見て判断していただきたいな、と思います。


少しでも日光に当たる時間を短く!


子どもたちは指定した時間に登校しますが、
親は役員でない限り、自分の子どもの出番だけ見に行くという人が多いようです。


1日中、グラウンドにいたら、それこそ真っ黒に日焼けしそうなので、
私も息子の出番をプログラムで見て、大体の見当をつけて見に行くという具合です。


勿論、その時間ぴったりに到着なんて無理なので、
20分程前に現地に到着します。
その時は、校舎の影など日陰で待機し、なるべく直射日光を避けて過ごします。


スポンサードリンク



息子の通う学校はさほど人数も多くなく、グラウンドも広いので
場所取り合戦にもなりません。
おかげで出番ぎりぎりまで日陰の後方で待機していても大丈夫なのは幸いです。


運動会での紫外線・日焼け対策は周りのじゃまにならないように! まとめ


紫外線対策に集中するあまり、

  • 覆いすぎて不審者

  • 日傘が他の人のじゃまに

は気をつけたいですね。


自分が、高校生のとき、
部室の、外外段側のドアが突然開き、


パーカー、サングラス、マスク、手袋


の人が入ってきたんです。


それは体質的に紫外線にものすごく敏感な
部活の生徒だったのですが、
そういう事情を知らなければかなり異様な感じでした・・・


また紫外線に当たる時間自体を
短く、というのもポイントだと思います。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント