親戚 お年玉 相場

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

親戚同士で渡すお年玉の相場

読了までの目安時間:約 5分

 

お年玉 相場

親戚同士でお年玉を渡す場合、
相場っていくらくらい?


スポンサードリンク



親戚同士でのお年玉は、
だいたいいくらくらい
渡すものなのでしょうか。


あらかじめ話し合って決めている、
という家も、


なんとなく、一般的にこれくらい、
という金額に落ち着いている、
という人もいます。


中には、親戚同士でお年玉をやりとりを
思いきって止めた、
という人もいるようです。


親戚同士のお年玉の相場とは?


いろいろなアンケートを見ると、
だいたい、相場とは


~幼稚園 1000円~2000円
小学生 3000円
中学生 5000円



くらいのようですね。


ある人の体験をご紹介します。


「年末に帰省すると、
お年玉という問題が毎年発生します。


うちから渡す子たちは、
主人の方の親戚の甥3名、姪3名、
私のいとこの子供2名。


合計8名で、
中学生1名、小学生が2名、乳幼児が5名です。


金額は、


乳幼児2000円、小学生3000円、中学生5000円です。
親戚同士での決めごとではないのですが、
みんなだいたいそのような相場です。


お年玉 相場

あらかじめ、
そのように金額を決めていたほうが
楽な気がします。


うちがもらうお年玉ですが、
うちの子供は小学生1人、幼稚園児1人。


私と主人の親と親戚合わせて、
12名くらいからいただいています。


私たちは地元へは年に2度くらいしか
帰省できないほど遠いところに住んでいるので、
あまりしょっちゅう会えません。


そのせいか、祖母やおばの中では、
一人1万円包んでくれる人もいます。


いつも会えてたら、
たぶんそこまでの金額は
包んでもらえないでしょうね。」


親戚同士のお年玉を止めた


私の友達は、
親戚同士でお年玉制度はとりやめたそうです。


もちろん、どこか1つの家だけが
「うちはお年玉に参加しない」
というのは、すごく角が立ちますから、


親戚同士で話し合って決めたのだそうです。


でも子供たちはかわいそうなので、
お互い、お菓子をプレゼントすることにしています。


そうすれば出費も少なくすむし、
子供は大喜び。


お菓子をあけて、
みんなで楽しく食べているのが
正月に恒例となっているそうです。


思い切った決断ですが、
これもアイデアだと私は思います。


ですが、
れを親戚同士で話し合うのも勇気が要ること。



スポンサードリンク



少しでも負担を減らしたい気持ちは
みんな同じだと思いますが、


逆に、祖父母などは「孫にあげたい」という
気持ちがありますので、


親戚同士のルール、というのも
祖父母は別というケースも多いようです。


親戚同士で渡すお年玉の相場やルールのまとめ


相場としては、


~幼稚園 1000円~2000円
小学生 3000円
中学生 5000円



くらいなんですね。


子供はお年玉をもらえてほくほくですが、
親にとっては支出が増えるばかり、
というのも現実。


親戚同士のルールではありませんが、


私の友達は、子どもの頃
もらった半分は親に渡す、
というルールだったそうです。


そうすると、
親がよそへ渡すお年玉の負担も軽くなります。


当時の友達はもちろん不満でいっぱい
だったっそうですが、


でも大人になった今、お正月のたびに
お年玉だけで数万飛んでいくなんて、


家計は大きな痛手で、
親の気持ちが分かる、と言っていました。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント