葉生姜 下ごしらえ レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

葉生姜の下ごしらえとおいしい食べ方

読了までの目安時間:約 4分

 

葉生姜 下ごしらえ レシピ

葉生姜は辛味が少なめで
味噌やディップを付けて生でたべることが多いですが、
加熱調理にも使えます。


旬の葉生姜料理のバリエーションを
拡げてくださいね。



葉生姜って?


葉生姜は、
生姜の根茎が若く小さいうちに
早取りしたもの。



品種自体も、
小生姜と呼ばれる小ぶりのもので、


3月頃から夏にかけて出回ります。


谷中生姜
ということもあります。


若いので
やわらかく、辛味も
一般的な生姜ほど強くありません。


ちなみに、


焼き魚などに添えられている
はじかみは


葉生姜とは品種が違う
金時生姜の若いもので、
矢生姜とも呼ばれ、


葉生姜よりも細く、やわらかいです。


葉生姜の下ごしらえ


下ごしらえは、


軸の緑色っぽくなって固い箇所から先を
切り落とし、


根茎の薄皮をスプーンなどで
こそげ落とします。

(気にならない場合は、あまり落とさなくても大丈夫です)。


葉生姜の甘酢漬け


【材料】

  • 葉生姜 8本

  • 砂糖 大さじ1

  • 酢 カップ1/2

  • 水 カップ1/4

  • 塩 小さじ1/2



【作り方】

1.砂糖、酢、水、塩を小鍋に入れて火にかけ、
一煮立ちさせたら、ガラス・陶器・琺瑯などの
保存容器に入れて粗熱をとります。


2.葉生姜の下ごしらえをします。


3.鍋に湯を沸かし、
下ごしらえした葉生姜を30秒程度付けて
引き揚げたらすぐに1の甘酢に漬けます。


※1、2時間後から食べられます。
保存は冷蔵庫で3日間。


葉生姜の肉巻き


【材料】

2人分

  • 葉生姜 6本

  • 豚肩ロース薄切り 6枚

  • 塩こしょう 少々

  • 小麦粉 適量

  • 醤油 大さじ1

  • 酒 大さじ1

  • みりん 大さじ1

  • オリーブオイル 小さじ1


※付け合わせとして、トマト・ブロッコリーなど
葉生姜 レシピ

【作り方】

1.葉生姜を下ごしらえします。


2.豚肉に塩こしょうして、片面に
薄く小麦粉をまぶします。


3.小麦粉がついた側に葉生姜を乗せて巻きます。


4.フライパンにオリーブオイルを敷き、
3を並べて中火にかけて焼きます。


5.1分経ったらひっくり返して
まず、酒をまわし入れて、
次にみりん、しょうゆを入れて蓋をし、1分間
蒸し焼きにします。


6.蓋をとって水分を飛ばして
たれを肉巻きにからめます。

※ナスやズッキーニを一緒に
焼いてタレを絡めてもおいしいです。



スポンサードリンク



葉生姜の下ごしらえとおいしい食べ方 まとめ


加熱した生姜には、
ショウガオールという成分が増えます。


ショウガオールは、
消化器を刺激して体の中心部で熱を作り、


血行を促進して
熱を末端まで伝え、
体を温めて代謝をアップします。


昔は、夏の暑い時期には、
生のすりおろし生姜などで、
こもった熱を発散するものだったのですが、


最近では冷房が効いている場所が多かったり、
冷たいものを飲む機会が増えて、


夏でも内蔵から冷えている人がいます。


そんな時には、
葉生姜を加熱した料理に使い
体の中から温めるといいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント