花粉症 湿疹

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

花粉症による湿疹の症状とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

花粉症 湿疹

花粉症が原因の湿疹症状、
かゆみ、赤味のない場合もあります。


スポンサードリンク



体験談をご紹介します。


花粉症による湿疹の症状(体験談)


私は九州に住むものです。
家の周りがスギ花粉でおおわれ
毎年だいたい一月下旬頃から花粉がまいだします。


雨の後の花粉が一番厄介です。


私の場合はヒノキ花粉もダメなので、
だいたい梅雨に入るくらいまでは
毎年花粉症の症状があります。


私の場合症状は、
目の周りの痒み、鼻づまり、顔のムクミ、鼻の周りのかさつき、
目の白目の部分のゼリー状の腫れなどです


そして、顔に小さなブツブツができます
できた部分の皮膚に痒み、赤みはないのですが、
花粉が舞っている間は薬を飲んでもなかなかすぐには治まりません。



毎年病院にお世話になっているのですが、


皮膚の炎症を抑えるため、
塗り薬、漢方、目薬、点鼻、様々なものを利用し、
ようやく普通の生活が送れるような感じです。

顔のムクミと、
ブツブツが重なった時にはとても悲惨な状態になります。


医師からは毎年早めにくれば、
漢方で治まるよと言われているのですが、
ついつい症状がでてからしか行きません。


目がゴロゴロする、鼻のつまりが気になる、
お肌のブツブツ、かさつきがひどくなってきた、お腹の調子が悪い、
などのサインがあったら、


すぐに行くようにはしているのですが、
本当は、花粉が飛び始める前から
予防が必要なんですよね。


スポンサードリンク



市販薬は眠気などの作用が強すぎたりするので、
病院で診察を受けて自分にあった薬を
だしてもらった方がいいかと思われます。


花粉症は大人になって初めてかかったりすることもあり、
友人にもそういう人がいます。気をつけてください。


今年こそは、花粉症の症状を少しでも軽くしたいと思い、
今やっている対策として、乳酸菌をとる!


ヨーグルトもよいそうですが、
今はヤクルト400というものを飲んでいます。


それとレンコンをこまめに食べるといいらしいので、
できるだけ食べるようにしています


あとは、症状がでた時の対策として、
それ以上ひどくならないために、
目の洗浄、顔の保湿はしっかりやっておいた方がいいです


花粉の侵入を防ぐため鼻の穴の周りに
ヴァセリンを塗ったりもしています。





皮膚の炎症にはにがりを入れたお風呂もいいです


にがりを入れることによってお湯が柔らかくなり、
皮膚をしっかり保湿してくれるのでしっとりなります。
湿疹やかゆみなどがある方はオススメです。


小学校の頃からこの花粉症とおつきあいしてきました。
いつかなおるかなと思い早何十年経ってしまいました。


何年たっても辛さは変わらないので、
これからも改善、軽減策を探してゆきます。


花粉症による湿疹の症状について


花粉症による皮膚炎の典型的な症状は、


かゆみ・赤みが出るのが特徴で
上まぶた・頬骨の周辺・あご・首など、
外に露出していて花粉にさらされやすいところに出ます。


もともとアトピー性皮膚炎を持っている人以外、
ジクジクするほどひどくなることは
少ないようです。


また、この人のように、
ブツブツするだけで、かゆみや赤味が殆どない、
ということもあるんですね。


顔や胸元の小さなブツブツは、
ニキビ、ということもあり、
必要な薬などが違い、


原因と一致しない
市販薬などを使うと悪化することもあります。


気になる症状があれば、
診察を受けることをおすすめします。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント