栗の渋皮煮 タンニン 美肌

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

美肌効果がある栗の渋皮煮レシピ

読了までの目安時間:約 5分

 

栗の渋皮煮 タンニン

秋が旬の栗の渋皮には
美肌効果がある成分が含まれています。


渋皮ごと食べられる渋皮煮のレシピを
ご紹介します!




栗の栄養成分とは?


栗はナッツ類のひとつですが、
脂質が少なくでんぷん質が多いのが特徴です。


ビタミンB6、B12、Cが豊富で、
特にビタミンCはじゃがいもと同じように
加熱しても壊れにくいので、


栗ご飯や渋皮煮など、調理をしても大丈夫。


その他、亜鉛やカリウムなどのミネラル類も
多く含まれています。


栗の成分の中でも
美肌成分として注目を集めているのが
渋皮に含まれるタンニンです



タンニンの美肌効果とは?


タンニンは、植物性ポリフェノールの一種で、
赤ワインや緑茶にも含まれています。


ポリフェノールは、植物の体を
ウイルスや虫から守っている化学物質で、
多くには強い抗酸化作用があります。


タンニンにも、抗酸化作用があり、
食べもの・飲みものとして取り入れると、
細胞を活性酸素の害から守ってくれます。


また、タンニンは、
収れん作用によって肌を引き締め、


メラニンを産生する細胞の働きを抑制して

美白効果がある、とされています。


栗の渋皮を食べるには?


栗ごはんや栗の甘露煮などの普通の栗料理は
一番外側の鬼皮と、
実にくっついている渋皮をむきます。


唯一、渋皮つきのまま作るのが
渋皮煮です。


(マロングラッセは本来は皮をむいて作りますが、
渋皮煮風に皮つきで作るレシピもあります)。


時間はかかりますが、
鬼皮を剥いたら、あくぬきして
煮るだけなので、


それほど複雑な作り方ではありません。

栗の渋川煮

栗の渋皮煮の作り方



【材料】

  • 栗 1㎏

  • 砂糖 700g

  • 重曹 少量



【作り方】

1.栗の鬼皮を剥きます。
水やぬるま湯に漬けるだけだと
鬼皮が柔らかくなるまで一晩程度かかります。



水1リットルに対して小さじ1/2の濃度の
塩水に栗を漬けておくと、


浸透圧の作用で鬼皮と渋皮の間に
水分が入りやすくなり、30分くらいで、鬼皮がむけるようになります。



2.栗ご飯などの場合、栗の底のざらざらした部分を
切り落としますが、それでは渋皮も落とされてしまうので、


栗の底に包丁の刃を当ててひっぱり上げるようにして
鬼皮を剥きます。


渋皮に傷を付けないように気を付けてください。
※傷がつくと、似ている間にそこからめくれあがってきたりして
綺麗に仕上がりません。



鬼皮を剥いた栗を水にさらします。


3.鍋に、水から上げた栗と水5カップを入れ、
アクを取るために重曹を加えて強火にかけます。


沸騰したら弱火にして30分茹でて、ざるに上げます。


流水でしばらく水にさらします。


4.鍋に3の栗と、かぶる程度の水を入れて強火にかけ、
10分茹でてざるに上げて水にさらします。


もう一度これを繰り返します。



5.4の栗の表面を布巾で軽くふいてきれいにします。
表面の筋を竹串で丁寧に取ります。


処理をした栗を水にさらします。


6.鍋に水7カップとグラニュー糖を入れて火にかけ
煮溶かします。


蜜が冷めてから、栗の水を切って蜜に入れ
強火にかけます。


6.煮立ったら弱火にし、オーブンペーパーで
落し蓋をして40分煮ます。
そのまま一晩おきます。


7.次の日、もう一度30分煮て、
冷めたら密閉用に入れます。



スポンサードリンク



渋皮煮の活用方法


渋皮煮はそのまま食べてももちろん
おいしいのですが、


刻んでマフィンに入れたり、
ヨーグルトのトッピングにしたり、


マロンペーストにすることもできます。


煮ている間に、割れたりしたものも
こうして使えばいいですね。


美肌効果がある栗の渋皮煮レシピ まとめ


栗の渋皮煮は、煮沸消毒した瓶に詰めると
長期間保存することもできます。


煮沸消毒や、瓶につめてからの
脱気の仕方については
こちらの記事を参照してください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。