鮭 トマト缶 レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

紫外線ダメージ対策に・秋鮭のトマト煮

読了までの目安時間:約 4分

 

秋鮭 トマト レシピ

夏の紫外線ダメージを肌に残さないために、
抗酸化作用がある栄養成分を豊富に含んでいる


秋鮭×トマト


の組み合わせのレシピをご紹介します!



秋鮭、トマトの栄養は?


鮭にはアスタキサンチン、
トマトにはリコピン、


という、抗酸化作用がある栄養成分を
多く持っており、


紫外線による酸化ダメージからの回復を
助けてくれます。


また、アスタキサンチンには、
脂肪をエネルギーに変える作用があり、


体に蓄えられた脂肪が、
運動するためのエネルギー源としt
優先的に使われるようになり、


疲労を防いだり、
脂肪が蓄積されにくくなる、
といった効果もあります。


秋鮭 トマト レシピ

秋鮭のトマト煮の作り方


【材料】

2人分

  • 秋鮭(生鮭) 2切れ

  • 玉ねぎ 1/2個

  • まいたけ 1パック

  • 白ワイン 大さじ1

  • トマト缶(カットタイプ) 200g

  • トマトケチャップ 大さじ1

  • 顆粒コンソメ 小さじ1

  • 塩 小さじ1/4

  • ドライバジル 少々

  • 塩こしょう 少々

  • オリーブオイル 大さじ1/2


※白ワインが無ければ、日本酒でも可。

【作り方】

1.玉ねぎは薄いくし切りにし、
まいたけを適当な大きさにちぎります。


鮭の切り身は3等分にし、塩こしょうを振ります。


2.フライパンにオリーブオイルを敷いて
中火にかけ、
鮭を入れて焼きます。


※後で煮るので完全に火を通さなくても
大丈夫ですが、


皮にはしっかり焼き目が付くようにして
生臭くなるのを防ぎます。


3.両面と皮に焼き色が付いたら、
鮭を脇に寄せて、


玉ねぎとまいたけをいれて炒めます。


4.白ワイン、トマト缶(煮汁を含めて200g)、
トマトケチャップ、塩、コンソメ、ドライバジルを
入れて、煮立ったら弱火にして5分くらい煮ます。


5.器に盛りつけます。


鮭の皮は取る?そのまま?


鮭の皮には、
コラーゲンが多く含まれています。


また、オメガ3系の必須脂肪酸である、
DHA、EPAは皮のすぐ下に多いです。


食感が苦手、という人は
皮を取って料理してもいいのですが、


皮も栄養が豊富なので、
できれば食べたほうが栄養面では
プラスです。


スポンサードリンク



紫外線ダメージ対策に・秋鮭のトマト煮 まとめ


水溶性食物繊維が豊富な、
まいたけもプラスして、
ダイエット向きレシピになっています。


ボリュームが欲しい場合は、
レンチンしたじゃがいもを
入れても良いです。


じゃがいもも、抗酸化作用があるビタミンCを含み、
紫外線ダメージ回復に効果的な食材ですが、
糖質も多いので、


じゃがいもを入れた場合は、
ごはんやパンの量に気を付けてください。





スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント