冬瓜 レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

真夏対策!食欲減退にさっぱり「冷やし梅冬瓜」

読了までの目安時間:約 4分

 

冬瓜 レシピ

from: 小西はるか
@銀座のスタバ

梅の酸味でさっぱりいただける
冬瓜の冷やし鉢です。



冷やし梅冬瓜のレシピ


こんにちは。


冬瓜は消化がよいだけでなく、
身体のほてりを抑える効果があり、
食欲減退や、体力が消耗したときの回復には効果があります。


冷菜は、早めに作って、冷蔵庫で冷やして食卓に。

材料

2人分

  • 冬瓜 長径25~30cm程度のもので程度で4分の1

  • だし汁 500cc(鰹節、昆布、干し椎茸など、合わせても美味です。ほんだし5gと湯500ccでも可)

  • 酒 大さじ2

  • みりん 大さじ1

  • しょうゆ 大さじ3

  • 梅干し 大3

  • 花かつお 3~5g(個包装の物1パック)

  • 砂糖 小さじ1


作り方


1.冬瓜の下ごしらえをします。

冬瓜の皮を厚く剥きます。
ピーラーなら1か所2回以上。包丁でざっくり剥くぐらいがちょうどいいです。
スプーンで種とワタを取り除き、3~4cmくらいの角切りにします。


2.水(分量外)から茹でます。
大きめの鍋に、切った冬瓜を入れ、たっぷりの水を注ぎます。
中火で15分ほど目安ですが、茹であがりは、竹串を通して確認してください。


3.つけ汁を用意します。
小鍋に、だし汁を作ります。


既製のだしの素でもいけますが、
干し椎茸を浸しておいたものや昆布とカツオの合わせだしなど、
どれでも合います。





だし汁を沸かし、酒、みりん、醤油、を入れて味付けをします。
好みでとろみを付ける場合は、片栗粉大さじ1を、大さじ2の水に溶き、回し入れます。
急ぐ場合は既製の麺つゆを、普通の濃さにしたものでもできます。


4.冬瓜が茹で上がったら、ざるに取り、冬瓜の水気を切ります。
温かいうちに、3のつけ汁に冬瓜を入れます。


5.梅干しの実をを包丁でこそげとり、1個の半分程度を飾りにとっておきます。
こそげとった梅肉に砂糖と花かつおを合わせ、包丁でたたきます。
細かくなったら、1のつけ汁に加えます。


6.5に4の冬瓜を入れ、取っておいた飾り用梅干しを冬瓜の上に添え、
あら熱が取れたら
冷蔵庫で冷やせばできあがりです。


作り方の注意とコツ


冬瓜は完全に柔らかくなるまで茹でてください。
固さや苦みが残ると台なしです。


梅干しは加熱しすぎると、風味を損ねますので
火から下ろしただし汁に加えるようにします。


熱々をいただいてもおいしいです。


冬瓜にはとろみをつけただし汁がよくあい
おいしいですが、冷却に時間がかかります。


あら熱を取るときには、


ステンレス製の小さなボウルに料理を入れて
流水に当てると早く冷えます。
水は細く出しておけばよいです。


料理に水が入らないようにだけ、注意してください


真夏対策!食欲減退にさっぱり「冷やし梅冬瓜」まとめ


作るのはカンタンでも真夏の調理は暑い!
それでも苦労が報われる一品です。


朝作って冷蔵庫に冷やしておけば
夕飯の支度がラクですし。


梅がどうしても苦手、という方は
入れなくてもおいしいです。


梅を入れない場合は、
食べるときに、おろし生姜を添えてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント