男の子 初節句祝い 母親の実家

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

男の子の初節句祝い・兜飾りを女親実家が贈るケースも

読了までの目安時間:約 4分

 

初節句

男の子の初節句で、こいのぼり、人形、兜などの飾りは
男親の実家が贈ることが多いようですが、
女親の実家が用意することもあります。



自分の実家から兜をもらったという、
30代女性の体験談です。


長男の初節句祝い


2013年11月生まれの息子なので、初節句の時は生後6ヶ月でした。
私の実家は「お嫁さん側が兜を買うべき」という意識だったので、
私たち夫婦と一緒に兜を見に行き、購入してもらいました。


自分の実家なので、特に気も使わず、
かさばらず、お手入れが簡単そうな物を購入しました。


主人の実家からはこいのぼりが贈られたのですが・・・


主人側も何かお祝いの品を送りたいという事で、
4月初旬に突然鯉のぼりが送られてきました


とても嬉しかったのですが、
私たちのアパートには不釣り合いの大きな鯉のぼりだったので、
飾るのにとても苦労しました。


おそらくサプライズで喜ばせようとしていたのかもしれませんが、
購入前に一言言って頂ければ、
欲しいサイズなど言えたのにと思いました。


しかし言ってしまうと角が立つお思い、
主人の顔を立てる為にも心に閉まっておきました。



スポンサードリンク



5月5日当日のお祝いは?


当日は夫婦と子供だけで初節句をしました。


両方とも実家が遠いため、
どちらかの家でお食事会となるとケンカになりそうなので、
やりませんでした。


息子は離乳食を始めたばかりだったので、ご馳走は食べれませんでした。


一応茹でた人参やジャガイモで
鯉のぼりの形にしてあげました。


大人用には鯛の煮付けや、ちまきなどを頑張って作りました。


お祝いのお返しにフォトブックを作りました


当日はとにかくいっぱい写真を撮りました。
兜をかぶせてみたり、鯉のぼりを触らせたり、
じぃじとばぁばが喜びそうな写真を撮り続けました。


そして両家のお祝い返しとして、
初節句のフォトブックを作り送ってあげました。





普段はメールで写真を送っているのですが、
やはり手元に本があるのが嬉しいようで、
どちらの祖父母も一日何度も見ているようです。


男の子の初節句祝い・兜飾りを女親実家が贈るケース・まとめ


こちらの体験談の方は、
兜をお嫁さんの実家側で用意すること自体では、
もめることはなかったようですね。


ですが、突然こいのぼりを贈ってきた、
ということは、夫側の実家も孫に贈りたい、
という気持ちが本当はとても強かったのではないかな、と思います。


お返しに、孫のフォトブックを作ると
とても喜ばれそうですね。


祖父母から孫へのお祝いのお返しの場合、
金額がつりあうかよりも、
孫の姿を写真や動画で見せるのが一番かな、と思います


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント