おすすめ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

生姜と牛乳だけで固まる不思議な生姜牛乳プリン

読了までの目安時間:約 4分

 

生姜牛乳プリン

from: 小西はるか
@自宅リビング

卵やゼラチン・寒天を使わず、生姜と牛乳だけで固まる
「生姜プリン」の作り方をご紹介します!



生姜牛乳プリンとは?


生姜牛乳プリンは、広東省仏山市の順徳料理のお店から始まった薑汁撞奶(キョンジャッゾンナーイ )と呼ばれるスイーツ。
中国の広東省や香港、マカオで人気があり、最近、日本でもテレビ番組などで取り上げられています。


なぜ、生姜と牛乳だけで固まるのか、というと、
生姜に含まれる酵素ショウガプロテアーゼが、牛乳の中の乳たんぱく質を固めるため。


また、撞には「叩く」という意味があり、生姜汁に温めた牛乳を叩きつけるように入れて混ぜるのがポイントのようです。


生姜牛乳プリンのレシピ


【【材料】
  • 生姜のしぼり汁 大さじ1杯強(搾りたてのもの)

  • 牛乳 150㏄

  • 生クリーム 大さじ1.5

  • 砂糖 好みの量



※生クリームを練乳に変え、砂糖なしでもよいですが、
生クリーム+砂糖のほうが甘さの調節はしやすいです。
砂糖を入れるか入れないかで固まり方に差はないので好みの量にしてください。


【作り方】

1.生姜を目の細かいおろし金でおろし、搾り汁大さじ1強を耐熱容器に入れます。


2.牛乳、生クリーム、砂糖を小鍋に入れて混ぜ、
沸騰させないように70℃に温めます。


3.2を1の容器に勢いよく注ぎます。このときに絶対に混ぜないでください。


4.粗熱が取れたら冷蔵庫で2時間くらい冷やして固めます。

生姜牛乳プリン、失敗しないポイント



これまでも「伊藤家の食卓」「世界一受けたい授業」で紹介された生姜牛乳プリンですが、


作ってみたけれど失敗した!


という声がtwitterなどでも多いんですよね。



スポンサードリンク



失敗してしまう原因は


  • 市販のチューブ入りの生姜を使った

  • 牛乳の温度が70℃でなかった

  • 温めた牛乳を器に注いでから混ぜてしまった



などです。




生姜牛乳プリンは生姜の酵素で固めるものなので、自分でおろして絞った生姜でないとダメです。


できれば、黄生姜と呼ばれる黄色い生姜(日本の多くの生姜は大生姜という白っぽい種類。高知県で栽培されている三州生姜は黄生姜です)を使うとうよいそうです。
またどんな種類の生姜でも、皮に多くの酵素が含まれているので皮ごとおろすのもポイントです。


温度は温度計を使って正確に測ってください。


また、牛乳を勢いよく注いで生姜汁と混ぜたら、そのあとは触らないこと。


それから、レシピによっては生クリームや練乳を入れないものもあるのですが、
乳固形分(たんぱく質)が少ないと固まりませんので、
成分無調整の牛乳を使い、やはり生クリーム・練乳を入れたほうが固まりやすいです。


生姜と牛乳だけで固まる不思議な生姜牛乳プリン まとめ



作り方はとても簡単なのですが、固まるかどうかが微妙?な生姜牛乳プリン。
実験のような感じで楽しんで作ってみるのがいいかもしれませんね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント