ローストチキン 作り方 焼き鳥のタレ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

焼き鳥のタレを使った丸鶏のローストチキンの作り方

読了までの目安時間:約 5分

 

ローストチキン焼き鳥のタレ

市販の焼き鳥のタレを使って
味付けに失敗なしの
ローストチキンの作り方です。



このローストチキンを作った人の
体験談をご紹介しますね!


焼き鳥のタレを使った丸鶏のローストチキンの作り方


私の祖父は15年程前まで
40年間精肉店を営んでおりました。


私の母も店を手伝っており、
母から伝授された、
ローストチキンの作り方です。


ローストチキンの作り方

若鶏1羽分


作り方ですが、
丸鶏が入るくらいのジップロックを
用意します。


鶏のお腹の中を洗って、
残っている内臓や、血などを
取り除きます。


市販の焼き鳥のタレ(甘め)、ポン酢少々、
すりおろしニンニク少々、
好みによりおろし生姜少々をボールで混ぜます。


(今回は息子がいるのでニンニク、生姜は入れていません
小さなお子さんが食べる場合は入れなくてOKです。)


味は好みがあるので
その都度調整しながらが良いので
明確な量は記載しません。


ただ焼き鳥のタレは
小さいものだと1本では足りません。笑


余っても、後で鶏肉料理に使えますので、
多めに買っておきましょう。


ボールで混ぜたタレの一部を
鶏のお腹の中にも塗り、


おしりの部分を爪楊枝で閉じ、
足をたこ糸で縛り、
手羽を爪楊枝で胴体に固定します。


※ここの処理は、このページが
分かりやすいです。

http://allabout.co.jp/gm/gc/403860/

鶏とタレをジップロックに入れます。
丸鶏全体に浸かるように
してください。


そのまま2~3日程冷蔵庫で寝かせます。
2~3日寝かせれば十分に味が染み込みます。


寝かせ過ぎると味が濃くなりすぎますので、
注意してください。


オープンを220℃に予熱しておきます。


取り出した鶏を
オーブンに入れ220℃で30~35分焼きます。


鉄板には肉がくっつかないように、
必ずクッキングシートや
アルミホイルを敷いた方が良いです。


こまめに焼き加減を見た方が良いです。
鶏の皮が黒く焦げると
美味しさがかなり半減します。

我が家では
電子レンジつきの
電気オーブンで焼きました。


焼き上がってからは、
食事の時間までお皿に乗せて冷まします。


ローストチキン焼き鳥のタレ

私はオシャレに飾りなど出来ませんでしたが、
プチトマトなどで飾り付けすると、
とてもクリスマス感が出てオシャレです。


これで完成です!


今までは調理済みの物を購入していましたが、
2013年は初めて子供もお肉を食べられる
クリスマスだったので手作りしました。


丸鶏は近くの精肉店で
小さいものを2000円くらいで購入しました。


食べるのは私たち夫婦と
当時1歳半の息子の3人なので
小さいものを選びました。


丸ごと1羽の鶏を捌くのが大変ですね。


私は母直伝で捌き方を教わりましたが、
やはり慣れていなかったので
グチャグチャになってしまいました。


それでも夫はおいしいと言って食べてくれ、
息子もパクパクとたくさん食べてくれました。


作った私は、ニンニクと生姜を入れてないのもあり、
味が足りなかった気がします。


夫と息子がとても喜んで食べてくれて、
翌日はほぐした肉でサンドイッチを作り、
丸鶏はすぐになくなりました。


反省点は、冷蔵庫の中のスペースを確保することです。


我が家の冷蔵庫は常に満タンの状態なので、
スペースを作るのに苦労しました。
あとはクリスマスケーキなども冷蔵庫に入るので要注意です。


今年もまた作ってみたいと思います。


焼き鳥のタレを使った丸鶏のローストチキンの作り方 まとめ


焼き鳥のタレで
味付けが決まるので、
漬け込む時間に注意すれば


味が決まらない、という失敗が
ないのがいいですね。


個人的には、
ポン酢で柑橘系が入るのが
甘ったるくならないポイントだと思います。


甘辛醤油味ですから、
もともとのローストチキンとは
違う味になりますが、


考えてみると、

自分が子供の頃、近所のお肉屋さんで
予約して買っていたクリスマスの鶏のもも焼きも、
照り焼き味でした。


日本人はぴったりの味付けかも!


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント