炊飯器 チャーシュー

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

炊飯器の保温でほったらかし・低温調理チャーシューの簡単絶品レシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

炊飯器 チャーシュー レシピ

炊飯器の保温機能を使って、
本格的なチャーシューが作れます!



低温調理チャーシューとは?


最近、ラーメン店でも出されるようになった
低温調理チャーシューは、


普通のチャーシュー、煮豚と違い、
断面がピンク色で、ジューシーな食感が特徴です。


店で食べると、普通のチャーシューとは
違う食感にハマって、自宅でも作ってみたい、
という人が多いようです。


低温調理のポイントは温度管理ですが、


炊飯器の保温機能(だいたい70℃くらい)を使うと
温度管理が簡単なので、
手軽に作ることができます。



炊飯器チャーシュー作りに使うもの


1.保温機能がついた電気炊飯器


2.タコ糸
肉を縛って形をと問えるために使います。


3.ジッパー付きの食品保存袋
耐熱温度100℃以上のものを使います。

耐熱温度が100℃以上ならジッパーなしのポリ袋でも
いいのですが、ジッパー付きの方が
空気を抜きやすいです。


3.フライパン
最初に肉を焼き付けるために必要です。
ノンスティック加工をしてあるものが使いやすいです。


4.鍋またはボウル
食品保存袋の空気を抜く時に使います。


炊飯器チャーシューの作り方


【材料】

  • 豚肩ロースかたまり肉

  • 醤油 大さじ5

  • 酒 大さじ5

  • 長ネギ(固くて食べない青い葉の部分で良い)

  • ニンニク 1片

  • 生姜 1かけ

  • はちみつ 大さじ2

  • 甜麺醤(なければ赤みそでもよい) 小さじ1



【作り方】

1.豚肩ロースかたまり肉を、タコ糸で縛ります。

巻き方はこちらの動画を参考にしてみてください。




あらかじめ、ネットをかけてある肉を
売っていることもあるので、
そうしたものを使うと簡単です。


2.フライパンでを中火で熱して表面を焼きます。
表面にしっかり焼き目がつくように焼きます。


3.醤油、酒、長ネギ、にんにく、生姜、はちみつ
を鍋に入れて火にかけて一煮立ちさせます。


4.食品保存袋に肉と熱いままの3を入れて
(ネギ、ニンニク、生姜は入ったままでよい)


鍋に水をはって、その中で空気を抜いて
ジッパーを閉じます。
(水の中では水圧で抜けやすくなる)


5.炊飯器の内がまに4を入れて、
熱湯をひたひたになるまで注ぎます。


6.炊飯器の保温モードで4時間おき、
取りだして冷まします。



スポンサードリンク



炊飯器の保温でほったらかし・低温調理チャーシューの簡単絶品レシピ まとめ


炊飯器でつくるチャーシューは、
火加減をする必要が無く、
保温モードで放置するだけで
作れるので、とても簡単。


また、70℃くらいの低温で調理することで
肉のたんぱく質が固くならず、
ジュ―シーでやわらかに仕上げることができます。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント