ローストビーフ 炊飯器 世界一受けたい授業

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

炊飯器で作れるローストビーフ「世界一受けたい授業」で紹介された作り方とは?

読了までの目安時間:約 5分

 

ローストビーフ炊飯器

ローストビーフが失敗なしで作れる
「世界一受けたい授業」で紹介された、
炊飯器で作れる作り方とは?



クリスマス、というと
チキン
のイメージがありますが、


ローストビーフも、
固まりから切り分けると盛り上がりますし、
前もって作っておけるので便利です。


専門家が教える、ということで人気のテレビ番組、
「世界一受けたい授業」で紹介された
ローストビーフの作り方は、


電気炊飯器を使う


というものです。


「世界一受けたい授業」のローストビーフの作り方>


  • 牛モモ肉ブロック500g

  • 塩胡椒 適量

  • サラダオイル 適量


材料はこれだけ。


道具は、

  • ジップロックなどのジッパー付密閉袋、

  • 保温温度として、高温(70~80℃)、低温(60~70℃)
が選択できる炊飯器

  • 温度計

が必須です。


ローストビーフの作り方

1.肉全体に塩、胡椒を振り、30分ほど置いておきます。


2.フライパンにサラダ油を敷いて温めます。
1の肉の全面に焼き色をつけます。


3.肉をジップロックなどの密閉袋に入れて、
ストローを1本入れて、できるだけぴったりと口を閉じます。


4.ストローでジップロックの中の空気を吸いだして、
できるだけ真空状態に近づけてから、
ジッパーの口を完全に閉じます。


5.お湯をいちど沸騰させて、差し水をして68℃程度にします。


6.炊飯器を低温の保温にセットし、
4が十分つかるくらいの5のお湯を入れます。


7.蓋をして、30分程度保温したらできあがり。


炊飯器でロースビーフを作ると本当に失敗しないの?


ローストビーフ作りの「失敗」とは、


肉の中まで火が通りすぎて白っぽくなってしまった





生すぎた



ということですよね。


実は、ローストビーフをおいしく作るには、


肉の中心温度を63℃にしてで30分以上保つ


ことが必須条件です。


この炊飯器の作り方だと、
肉の厚さが3~4cmくらいなら30分、
直方体に近いようなブロック型だと、60分くらい、


という、作った人の体験談がありました。


クリスマスの本番で、失敗すると悲しいですから、
前もって一度は実験(試作)してみたほうが
よさそうです。


この作り方を教えてくれたのは?


鹿児島女子短期大学講師
横浜国立大学教育学部(現、教育人間科学部)講師、助教授、
横浜国立大学教育人間科学部教授名誉教授


である、
渋川祥子先生
です。


炊飯器調理の他にも、電子レンジを活用したレシピなどを
「世界一受けたい授業」で
紹介しています。


ソースの作り方は?


このレシピは、
「ローストビーフの加熱に失敗しない方法」で、


ローストビーフをおいしくいただくために
は欠かせない、


ソースの作り方


がありませんでした・・・


市販のローストビーフのソースを使って手軽に、
というのも一案ですよね。


また、せっかく、
フライパンで肉に焼き目を付けたときに
出た「肉汁」を活用してもいいと思います。


ローストビーフ炊飯器
この場合、


肉を焼いたフライパンを洗わず、


赤ワイン大さじ3
すり下ろした玉葱(小さめのもの1/4個分)
塩、胡椒


を加えて煮立てます。


ワインや玉葱の量は好みで加減してください。


「世界一受けたい授業」のローストビーフの作り方のまとめ


炊飯器で作ると失敗がない、
というのは、


温度を一定に保つことができるから


なんですね。


ですから、
保った温度と時間、肉の大きさのバランスが
悪ければ失敗、となってしまいます。


やはり、当日おいしいローストビーフを
完成させるには、
事前に一度は試してみた方がいいと思います。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント