ランチパック フレンチトースト 作り方

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

漬けこまない、すぐ作れる!ランチパックでフレンチトースト

読了までの目安時間:約 4分

 

ランチパック フレンチトースト 作り方

ヤマザキの「ランチパック」を使った
フレンチトーストがおいしい!

浸し時間なしですぐに作れる
方法をご紹介します。




ランチパックでフレンチトースト


「ランチパック」は、食パンの間に
具材やフィリングを挟んで、
周囲を圧縮して閉じたヤマザキのパン。


お惣菜パン系、スイーツ系があり、
手軽に食べることができる、と人気です。


このランチパックを使った
フレンチトーストがおいしい、
と話題になっています。


ジャム&ホイップなど、甘いフィリング入りの
スイーツ系はもちろん合いますし、


ハムなどが入った総菜パンなら
モンティクリスト、と呼ばれる、
食事系フレンチトーストのようになります。

ランチパック フレンチトースト 作り方

ランチパック・フレンチトーストのレシピ


【材料】

1~2人分

  • ランチパック 1パック

  • 牛乳 150ml

  • 卵 1個

  • 塩 1つまみ

  • バター 大さじ1

  • バニラエッセンス(スイーツ系の場合のみ)



【作り方】

1.牛乳を、ランチバックが入るだけの
大きさの密閉容器などに入れて、
ランチパックを両面牛乳に浸して浸みこませます。


液体なのですぐに浸みこみます。

※バニラエッセンス使用の場合は、
牛乳にバニラエッセンスを入れておきます。


2.卵を溶き、塩一つまみを入れて混ぜます。


3.フライパンにバターを入れて中弱火に掛けます。


4.1の牛乳が浸みたランチバックに
フライの衣のように卵を付けて
フライパンに入れます。


5.両面こんがり焼けたらできあがりです。


作り方のポイント


フレンチトーストは
牛乳と卵を混ぜた卵液にパンを
浸して焼きますが、


卵が入っていると浸みこむまでに
時間がかかります。


そのため、浸す時間は30分以上、
レシピによっては1日漬けこむものも
あります。


牛乳だけなら、液体なのですぐに浸み込み
周りに卵を付けて焼くと表面は
カリッと仕上がります



卵がしっかりついた方が好き、という方は
卵を2個にして、たっぷりつけてください。


牛乳と卵を混ぜた卵液を、
短時間でパンに染み込ませるには、
卵液に浸した状態で、


電子レンジで1分程度加熱すると、
中までしみこみます。


スポンサードリンク



一手間でおいしい!ランチパックでフレンチトースト まとめ


スイーツ系のランチパックで作る場合、
中身が甘いので、砂糖は使わない
レシピをご紹介しましたが、


甘めが好きな方は
卵に砂糖を少し入れてもよいです。


砂糖入りは焼く時に
焦げやすいので注意してください。


ランチパックには、何種類もあるので、
いろいろなバリエーションが楽しめますね。


試してみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

人気記事ランキング

まだデータがありません。