子供 日焼 熱中症

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

海外(ヨーロッパ在住)のママはどうしている?子供の日焼・熱中症対策

読了までの目安時間:約 4分

 

子供日焼け止め

欧州在住、30代半ばの主婦の方の、
お子さんの日焼対策・熱中症対策を
教えていただきました。



天気のよい日の外出は日焼止め必須です。


4歳の元気な子供と日々楽しく過ごしています。
春になって気候が良くなり、レジャーの機会も増えてきました。


小さなお子さんと快適なお出かけを楽しむために、
私なりに気をつけたいポイントをご紹介したいと思います。


まず、天気のいい日に外に出るという場合、
日焼け対策は大前提で行いたいものです。


春の日差しは温かくて気持ちよいものですが、
同時に強い紫外線を含んでいる、ということを忘れないで下さい。


よく「夏以外は子どもに日焼け止めはつけない」
「ドライブだから大丈夫」というご意見も聞きますが、
お子さんの肌は想像以上に繊細です。


冬場で屋内にこもりがちだった所から
急に強い日差しにさらすのは大きな負担。
(ヨーロッパの北のほうの場合、特に冬場は日照時間も短いので。)


子供には帽子をかぶせたり、SPF数値の低い日焼け止めを軽くつける、
などの習慣をつけましょう。


私がよく使うのは「エルバビーバ」の日焼け止めです。





ふわっとした質感で、塗りやすいので強くこすらずによく伸びます。
化学成分を一切使用していないので小さな子供の肌に使っても安心です。


SPF30でUVBにも対応しています。


オーガニックラベンダーとカモミールの精油が入っていて、
自然な香りがするところも気に入っています。


車でのおでかけは出納の準備を忘れずに!


日焼対策と同時に、夏場以外でも気をつけたいのは
「水分の補給」です。


春の空気は意外に乾燥しがちなのですし、
目に見える汗をかいていなくても肌から水分が出て行っているんですね。
ましてや汗ばむような気温の日はなおさらです。



スポンサードリンク



大人以上に子供は喉の渇きを感じます。
それでなくても、気温や湿度の変化などから風邪をひいたり、
体調を崩しやすい時期です。


お子さんがこまめに水分を摂れるよう、
ちょっとしたお出かけでも、
ペットボトルや水筒にお水を入れて持参するのを忘れないで下さい。


私の知人の体験なのですが、幼稚園児のお子さん二人を連れて、
隣町の大きな公園へ遊びに行こうとしたそうです。


運転しなれた街の道路ですが、運悪く工事か事故の影響で、
いつもなら5分で行けるところを1時間近く渋滞したのだとか。


折しも埃っぽい空気に好天が重なり、
車の中は相当暑くなりました。


小さなボトル入りの水を持ってきて、本当に救われる思いだった
と話していました。


このように、ごく近郊へのお出かけでも、予期せぬ事態は起きるもの。
大人だけなら何とか切り抜けられても、
小さいお子さんが一緒だと大変なこともあります。


ある程度の『標準装備』で、できるだけ快適に過ごせるよう、
ちょっとした工夫を忘れないようにしたいですね。


海外(ヨーロッパ在住)のママはどうしている?子供の日焼と熱中症対策・まとめ


車の中はとても暑くなるので、
思わぬ渋滞に巻き込まれると
子供の体温や、水分補給が心配になりますよね。


ちょっとした場所へのお出かけでも
水分補給の手段を用意しておきたいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント