梨 保存方法 冷凍

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

梨の保存方法・冷凍はできる?

読了までの目安時間:約 4分

 

梨 保存方法

そのまま置いておくと
柔らかくなって、いわゆる「ボケた」状態になりやすい
梨(和梨)ですが、上手な保存方法とは?


スポンサードリンク




梨の保存方法


一般的によく食べられている
幸水や豊水といった品種の梨は、


はミカンやりんごと違って
日持ちしにくい果物です。


同じ「梨」でも、
洋梨と違い、
室温に置いて追熟させる、ということはありませんので、


できるだけ新しいうちに
食べたほうが良いです。



自分で買う場合は、
2、3日のうちに食べきる分を
買ってきて、


乾燥させないように
ポリ袋や冷蔵用保存袋に入れてから
冷蔵庫の野菜室に入れます。


でも頂き物でひと箱もらった時や、
梨狩りに行った時など、


たくさんの量の梨がある場合は
それよりも長い時間保存して
最後までおいしくいただきたいですよね。


梨を1週間以上保存する場合は、


梨の上下(ヘタがついていたほうとそうでないほう)が
分かるようにして、
キッチンペーパーか新聞紙で梨をぴっちり包み、


ポリ袋に入れて
できるだけ空気を抜いて
縛り、


ヘタがついていたほうを下にして
(おしりを上にして)
野菜室に入れます。


涼しくて日光が当たらない場所なら
常温でも良いそうですが、


急に室温が上がることもありますので、
野菜室の方が安心ですね。


また、梨は当たったところから傷みますので、
野菜質の中で他の野菜に当たったりしないように
注意してください。

梨 保存方法

梨は冷凍保存できる?


梨は水分が多い果物なので、
冷凍→解凍すると
ぐちゃっとなってしまいます。


梨を冷凍保存する場合は、
すりおろして、


解凍後は、


ドレッシング
肉料理の下味やソース、
キムチを付けるときの甘み


として使うようにします。


3か月以上持つ梨もある?


調べていると、
梨の日持ちは品種によってもかなり違い、


晩三吉(おくさんきち)という品種では
3ヵ月くらい常温保存できる、

という情報がいくつもでてきました。


晩三吉は、梨の中では収穫時期が遅く、
10月終わりから11月上旬にかけて収穫されます。


そして貯蔵によって12月から翌年の4月まで食べることができ、
1個が700gと大型なので、
かつては贈答品としても使われていたようです。


ただ、甘い果物に人気が集まる現在では、
酸味が強い晩三吉は「酸っぱい」と感じる
人が多く、


あまり出回っていません。


普通のスーパーなどでも手に入りやすい
品種では、


二十世紀が、1週間~10日と日持ちしやすいですが、
強い甘みよりもさっぱりした味の品種です。



スポンサードリンク




梨の保存方法・冷凍はできる? まとめ


梨は、しゃきしゃきした食感とみずみずしさが
おいしい果物です。


家族の人数に合わせて少量ずつ買って
できるだけ早く食べてしまうのがよいのですが、


たくさん、手に入った場合は
少し手間をかけて保存してみてください。


冷凍保存すると、
普通に、生の果物として食べることはできませんが、
すりおろして冷凍した梨を、料理に使う
ことはできます。


参考にしてみてください。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント