梅肉 パスタ レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

梅肉入りツナとエリンギの和風パスタレシピ

読了までの目安時間:約 4分

 

梅パスタレシピ

蒸し暑い季節に、なんか食欲ない、
さっぱりしたものが食べたいときにぴったりの
梅肉を使ったパスタ料理です。



バターとめんつゆが隠し味で、
ツナも入っているので、
一皿で炭水化物、たんぱく質が摂れます。


大人から子供まで、
家族に人気になること間違いなし、のメニューで、
夏休みの子供のランチにもいいですよ。


梅肉入りツナとエリンギの和風パスタレシピ


材料(2人分)

  • パスタ 180g

  • ツナ缶 小1個

  • エリンギ 1パック

  • 玉ねぎ 1/4個

  • 梅干し 2個

  • 大葉 5枚

  • みょうが 1個


【調味料】

  • バター 小さじ1

  • めんつゆ 小さじ1

  • だしの素 小さじ1/2

  • 酒 大さじ1

  • 塩コショウ 少々


作り方

1. 下準備:玉ねぎは櫛形の薄切りにし、江リンギは1cmくらいの細さに裂きます。
大葉、みょうがはせん切りにします。
梅干しは種を外して、梅肉をたたいておきます。


※梅干をたたくのが面倒であれば、市販のねり梅でもOKです。


2. たっぷりのお湯を沸かし、1リットルに対して塩を小さじ1を入れて、
パスタを茹で始めます。


ゆで時間は、商品のパッケージに書かれている時間を基準に
お好みの固さにしてください。


3. フライパンを熱し、バターを溶かし、
玉ねぎ、エリンギの順で炒めていきます。
野菜がしんなりしたら、ツナを加えて軽く炒めます。


パスタの茹で汁を大さじ1程入れて、だしの素を入れ、
酒、めんつゆ、塩コショウで味付けします。


4. パスタが茹で上がったら、3のフライパンに入れます。
火を止めて、梅肉を加えて混ぜます。

梅肉 パスタ
お皿に盛り付けたら、大葉とみょうがをトッピング
出来上がりです!


作り方のポイント


梅肉にかなり塩気がありますので、
最初の味付けは薄めにしてください。
めんつゆは隠し味程度に入れるとよいでしょう。


梅肉を混ぜた後、ちょっと足らないようであれば、
塩コショウを足してください。


炒めるときのバターの量が少ないので、
ツナ缶はオイル漬けのほうがコクが出ます。



スポンサードリンク



梅肉入りツナとエリンギの和風パスタレシピ・まとめ



大葉やみょうがの香味野菜はたっぷりとあったほうがおいしいので、
好みでもっと用意してもいいです。
梅肉とぴったりあって、さっぱりしますよ。


そうめんの薬味のように、
別添えにして食べる人が好みで載せても
いいと思います。


同じ味付けで、
パスタをご飯に変えて、
チャーハン仕立てにしても美味しいです。


そのとき、野菜はご飯に馴染みやすいように、
みじん切りにしてください。


そういえば、パスタをゆでるときのお塩の量ですが、
よく「海の水と同じ辛さ」などといわれるので、


少ない


と思われた人も多いと思います。


ですが、実は塩の量は、パスタのコシには関係なく、
「塩味をつけるため」なのだそうです。


ですから、この程度の量でも、
パスタ自体の食感には影響がありません。


梅干の塩気、バターの塩気がありますので、
このレシピの場合はこれくらいでいいみたいです。
もちろんお好みで足していただいてもOKです。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント