枝豆 レシピ

うまもぐ

気になる情報オイシイ情報をもぐもぐ

枝豆とひじきのかんたん混ぜご飯

読了までの目安時間:約 4分

 

枝豆レシピ

枝豆とひじきをさっと煮て、
炊いてあるご飯に混ぜるだけでできる、
簡単メニューです。





このレシピの良いところは、短時間でできて、
枝豆・ひじきをご飯と一緒にヘルシーに食べられる事です。


枝豆とひじきのかんたん混ぜご飯の作り方


材料

  • 炊いたご飯 茶碗2膳分

  • ひじき 大さじ1

  • 枝豆適量(さやつきの状態でだいたい、100gくらい)


<調味料>

  •  水 1/2カップ

  •  白だし 大1

  •  薄口醤油 大1/2

  •  みりん 大1/2

  •  酒大 1/2


作り方

1.ひじきを10分程度水で戻しておきます。


2.枝豆は、ゆでて食べるときのように塩茹でして、
さやから豆を出しておきます。
うす皮は剥かなくてOKです。


3.調味料を小鍋に入れて一煮立ちさせたら、
水でもどしたひじきを入れて弱火で5分ほど煮ます。


4.煮汁が半分くらいになったら火を止めて、
塩茹でした枝豆を入れてざっと混ぜておきます。


5.炊いてあるご飯をボールにとり、
ひじきと枝豆を入れて、しゃもじで切るように混ぜます。
煮たものを全部入れなくてもOKです。


6.お茶碗に盛り付けて白胡麻をふります。


作り方のポイント


ひじきには長ひじきと芽ひじきとがありますが、
このメニューの場合は、
芽ひじきを使ってください。





長ひじきでも味はおいしいのですが、
みためがちょっとコワいです。


枝豆はあらかじめ茹でてありますので、
枝豆を入れるのは火を止めてからでOKです。


枝豆のおいしい茹で方は、こちらを参考にしてみてください。


少し煮汁を入れて混ぜると、ご飯に味がうつって
おいしいのですが、
入れすぎると水っぽいご飯になってしまうので、


ご飯をやや固めに炊き上げて、
煮汁は加減しながら入れてください。


白胡麻は見た目も味もポイントになりますので、
忘れないでくださいね。



スポンサードリンク




枝豆とひじきのかんたん混ぜご飯・まとめ


枝豆は、未成熟な大豆ですが、
豆と野菜の両方の栄養素を持ち合わせたとても栄養価の高い食品です。


タンパク質、ビタミンB1、カリウム、鉄分、食物繊維などが
豊富に含まれています。


ビタミンB1は、糖質がエネルギーに変わるのを助けますので、
ご飯と一緒にいただくと、
食べたものが効率よくエネルギーに変わります。


スタミナ不足解消にもなりますし、
余分な糖質がダイエットを気にしている方にも
ぴったりです。


ひじきには、牛乳の12倍とされる
豊富なカルシウムが含まれていますが、


他にも、鉄分やビタミンB12が含まれ、


カルシウム不足や貧血の解消に役立ちます。


ひじきと枝豆の混ぜご飯は、
女性にぴったりのおすすめメニューです。


ひじきの煮物はなかなか作らないかもしれませんが、
まぜごはんならおいしく取り入れられますね。


おむすびにしても枝豆の緑がかわいいですよ。


食べるときにさやから豆を出さないで食べられ、
お子さんにもよいと思います。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

最近の投稿